メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

西兵庫大会の展望

明石商中心、実力校ぞろい

 公立に実力校が多く、昨秋と今春の県大会を制した明石商がリード。昨秋の県大会で準優勝の西脇工などが追う。
 春季近畿大会で大阪桐蔭に惜敗した明石商は、投手層の厚さが際立つ。ともに長身から140キロ台の速球を投げ込む福谷と勝本のほか、制球力に秀でた加田、最速141キロの1年生中森、多彩な変化球を持つ溝尾らが控える。俊足の1年生来田にも注目だ。
 西脇工は2年生エース山中を中心に堅守を誇る。元近鉄でOBの羽田総監督の三田学園、速球派エース高垣や高校通算約30本塁打のスラッガー直井を擁する三田松聖、好投手がいる社(やしろ)、津名、姫路南、淡路三原、市川、姫路工なども頂点をうかがう。(森直由)

西兵庫戦績

  • 選抜高校野球大会 戦績ページはこちら
  • 全国高校野球選手権大会 戦績ページはこちら

春季・秋季大会

  • 春季大会 試合結果ページはこちら
  • 秋季大会 試合結果ページはこちら