高校野球の総合情報サイト

ここから本文エリア

現在位置:高校野球>地方ニュース>和歌山> 記事

和歌山ニュース

「近畿勢同士、負けられない」智弁和歌山・高嶋監督 1日、履正社と対戦

2011年3月31日11時48分

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

 第83回選抜高校野球大会(日本高校野球連盟・毎日新聞社主催、朝日新聞社後援)10日目の準々決勝で智弁和歌山と対戦する相手が30日、履正社(大阪)と決まった。

 九州学院(熊本)を8―2で破った試合を観戦した智弁和歌山の高嶋仁監督は「履正社のエース飯塚君は初戦登板していなかったが、持ち前の制球力で調子はよさそうだった。ここまで勝ち上がると、どこがきても力のあるチームだが、近畿勢同士で負けたくない」と話した。

 この日、智弁和歌山は午後から2時間ほど、兵庫県西宮市内でシートバッティングやマシンを使ったバッティング中心の練習をした。

検索フォーム

このページのトップに戻る