メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

和歌山大会の展望

智弁和歌山、光る強打

 今春の選抜大会準優勝の智弁和歌山が頭一つ抜け出ている。伝統の強打は健在で、スラッガー林を中心に文元、冨田、黒川が打線を牽引(けんいん)。エース平田も安定している。
 追う各校は拮抗(きっこう)する。昨秋の近畿大会出場の日高中津はエース宮井が軸。杉浦、矢野らを中心につなぐ打撃が持ち味だ。春季県予選準優勝の市和歌山は柏山、金田ら投手層が厚く、吉田らが打線を引っ張る。県予選4強の向陽は、4試合中2試合で終盤に逆転勝ちするなど粘りがある。4番で主将の川口を中心にチーム力がある初芝橋本、県予選8強の熊野も勢いに乗る。
 和歌山東の杉本、近大新宮の野口、紀北工の楠(くす)らの投球にも目が離せない。(片田貴也)

和歌山戦績

  • 選抜高校野球大会 戦績ページはこちら
  • 全国高校野球選手権大会 戦績ページはこちら

春季・秋季大会

  • 春季大会 試合結果ページはこちら
  • 秋季大会 試合結果ページはこちら