メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

西愛知大会の展望

東邦、大会屈指の得点力

 強豪私学がひしめく中、今春選抜出場の東邦が頭一つ抜ける。武器は洞田(ほらた)、石川、梅田ら強打者が並ぶ打線。機動力にも磨きがかかり、得点力は大会屈指だ。西、扇谷(おうぎや)ら投手陣の安定感が増し、春の東海大会で優勝した。
 中京大中京、愛工大名電はシードを逃したが実力は健在。中京は浦野、沢井ら昨夏の甲子園経験者が残り、名電も柳本、西脇ら好打者や投手陣に経験豊富な選手が多い。
 シード校も群雄割拠。享栄は春の公式戦で中京や名電に競り勝った。春の県大会を制した誉(ほまれ)は小栗、白石の両左腕を長打力のある打線が援護する。春県4強の公立校・西春や緻密(ちみつ)な野球が武器の至学館も手ごわい。(竹井周平)

組み合わせ

※雨天順延で日程・球場は変更になる場合があります。最新情報は「日程・予定」からご確認ください。

西愛知戦績

  • 選抜高校野球大会 戦績ページはこちら
  • 全国高校野球選手権大会 戦績ページはこちら

春季・秋季大会

  • 春季大会 試合結果ページはこちら
  • 秋季大会 試合結果ページはこちら