高校野球の総合情報サイト

ここから本文エリア

現在位置:高校野球>地方ニュース>栃木> 記事

栃木ニュース

佐野日大、逆転満塁弾でV 秋季県高校野球

2010年10月11日0時35分

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真:佐野日大―文星芸大付 9回表1死満塁、佐野日大、斎藤祐が左スタンドに逆転本塁打を放つ=清原佐野日大―文星芸大付 9回表1死満塁、佐野日大、斎藤祐が左スタンドに逆転本塁打を放つ=清原

 第63回秋季県高校野球大会の決勝が10日、宇都宮市の清原球場であり、佐野日大が文星芸大付に打ち勝って12―9で下し、4年ぶり3度目の優勝を果たした。佐野日大と文星芸大付は、30日から埼玉県で開かれる第63回秋季関東地区高校野球大会に出場。佐野日大の松本弘司監督は「うちは3〜4点で勝負するチーム。しぶとく戦いたい」と話した。

    ◇

 9回表1死から佐野日大・斎藤祐が逆転満塁本塁打を放ち、両チームで32安打、うち4本塁打という打撃戦を制した。佐野日大は守備でも失策0だった。試合は先制した文星芸大付が8回までに3点差をつけ、ペースを握っていた。敗れた星野英雄監督は「最後に佐野日大の打力が上回った」と話した。(緒方雄大)

このページのトップに戻る