メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

栃木大会の展望

作新学院、8連覇なるか

 今春の県大会で優勝し、8連覇を狙う作新学院が総合力で一歩リード。青藍泰斗、選抜大会出場の国学院栃木などが追う展開となりそうだ。
 作新学院は140キロ台の直球が光る高山やスタミナのある林らの投手陣を、沖、篠田を中心とした切れ目のない打線が援護する。
 青藍泰斗は強打を武器に春の県大会準優勝。益子や大塚の主力打者が得点機を逃さない。選抜で2勝した国学院栃木は、技巧派の渡辺と速球が持ち味の宮の両左腕など投手層が厚い。白鷗大足利は完投力のある3投手がそろう。春の県大会8強の小山南も投手力に注目。宇都宮南、栃木工、文星芸大付、佐野日大は打線に力がある。 (宮田真衣)

組み合わせ

※雨天順延で日程・球場は変更になる場合があります。最新情報は「日程・予定」からご確認ください。

栃木戦績

  • 選抜高校野球大会 戦績ページはこちら
  • 全国高校野球選手権大会 戦績ページはこちら

春季・秋季大会

  • 春季大会 試合結果ページはこちら
  • 秋季大会 試合結果ページはこちら