アサヒ・コム 第87回全国高校野球選手権大会 ここから検索メニュー
検索使い方
検索メニュー終わり

アサヒコムと高校野球のメインメニューをとばして、このページの本文エリアへasahi.comトップ社会スポーツビジネス暮らし政治国際文化・芸能ENGLISHマイタウン

ここから本文エリア現在位置asahi.comトップ >  高校野球  >  第87回選手権  > 特集  > 甲子園だより
甲子園だより

8月15日

私学キラー清峰


 春夏通じて初めて甲子園出場の県立校、清峰(長崎)が初戦の愛工大名電に続いて、済美(愛媛)を連続撃破です。もはや「私学キラー」といってよいでしょう。

 その特徴は相手の四球を上手に利用できる得点能力です。名電戦でも2死ランナー無しから四球を足かがりに得点し、済美戦の5点もきっかけは四球でした。また守備も2試合連続で無失策。自分たちは余計なランナーを出さず、相手が出してくれたランナーは得点していく。初出場らしからぬ老獪なチームだと言えるでしょう。

 次の相手は大阪桐蔭。辻内投手は制球力にまだ不安が残るだけに、清峰らしさで食らいついていけば面白い展開になりそう。

 それにしても……。

 清峰−済美戦はホームランが2本出て両軍合わせてヒットは20本。後半の追い上げ有りで、中身がぎっしり詰まった見応え十分の試合だったと思うのですが、試合時間はたった2時間10分ですよ。昼間に高校野球見ていると、ナイターのプロ野球をかったるく感じてしまいます。今のプロ野球選手は外国人選手以外、全員元高校球児だったわけですから、もっとなんとかならないものでしょうか。

「甲子園だより」著者紹介

神田憲行(かんだ・のりゆき)

1963年、大阪生まれ、ノンフィクション・ライター。大会終了後に発売され る完全保存版「2005甲子園Heroes(ヒーローズ)」(朝日新聞社刊) の取材のため、 期間中は甲子園通いの日々を過ごす。甲子園取材歴は10年を越 え、「実際に見た中で最高の投手は別格が松坂、二番が朝倉(東邦)、三番が平 井(宇和島東)」という。著書に『横浜vsPL学園』(共著、朝日文庫)など。

各代表校のページ

ここから広告です 広告終わり
日程
8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23        
日本高野連
日本学生野球協会
▲このページのトップに戻る

asahi.comトップ高校野球トップ代表校組み合わせ日程試合結果ハイライト特集大会データ観戦ガイド

ニュースの詳細は朝日新聞紙面で。» インターネットで購読申し込み
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.