アサヒ・コム 第87回全国高校野球選手権大会 ここから検索メニュー
検索使い方
検索メニュー終わり

アサヒコムと高校野球のメインメニューをとばして、このページの本文エリアへasahi.comトップ社会スポーツビジネス暮らし政治国際文化・芸能ENGLISHマイタウン

ここから本文エリア現在位置asahi.comトップ >  高校野球  >  第87回選手権  > 特集  > 白球を追って
担当記者の目「白球を追って」

隠匿体質と野球留学の「ひずみ」が浮き上がった

2005年08月05日

 明徳義塾が開幕を2日後に控えて出場辞退に追い込まれた。部の隠匿体質と、野球留学のひずみが浮かび上がった。

 喫煙に関しては主将らがただした上での生徒からの自主的な申告、暴力行為は保護者の訴えから判明した。保護者を集め厳重注意をし、練習停止の処分を科した。暴力を受けた被害者宅には加害生徒らとともに謝罪に出かけ、示談で済ませている。

 高知大会の開幕直後でもあり「選手のため」という心情は理解できるが、処分を恐れ高知県高野連には報告せず、金で解決し秘密裏に部内処理を図ったと受け取られても仕方がない。

 100人を超える同校の選手の多くは近畿圏からの留学組。なかには、中学校から入学している選手もいる。その理由に、甲子園への近道、さらに、豊富な指導陣や対外試合ができるグラウンド、室内練習場など環境の良さを挙げる。

 私学の強豪校といわれる他校も、立派なグラウンドを完備し県外からの留学生が集まり、状況は似たり寄ったり。ほとんどが親元を離れての寮生活を送っている。

 各校とも、監督や若手のコーチ、部長などの指導者が舎監として住み込んで部員と生活を共にしている。それでも、普段の生活のなかでストレスがたまり、ささいなことでぶつかり、暴力行為の不祥事が後を絶たない。明徳の人里離れた環境の中、野球漬けになるストレスはどうだったか。

 全般的に以前のような、上、下級生の厳しい差はなく、表面上は仲が良さそうに見える。が、いじめや仲間外れなど陰湿な行為が増えている、と指摘する声も多い。

 ボーイズ、シニアリーグなどで育った我が子を追い、練習試合にまで駆けつけ、レギュラーになれないと愚痴をこぼす父母。指導者にとっては、どう距離を置くか難しい問題もある。

 ミーティングで暴力の根絶を説き、各部員と会話を増やし、表情をこまめに観察して予防に努めるしかない。

 開かれた野球部へ、技術の修練以上に、学校の範となる生徒指導に力を注いで欲しい。(井上明)


バックナンバー 一覧

[Flash]きょうのホームラン別ウインドウで開きます

大会第32

[ダウンロード]速報PDF号外

pdf

決勝は駒大苫小牧―京都外大西

各代表校のページ

ここから広告です 広告終わり
日程
8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23        
日本高野連
日本学生野球協会
▲このページのトップに戻る

asahi.comトップ高校野球トップニュース代表校組み合わせ日程 特集大会データ観戦ガイド天気

ニュースの詳細は朝日新聞紙面で。» インターネットで購読申し込み
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.