アサヒ・コム 第87回全国高校野球選手権大会 ここから検索メニュー
検索使い方
検索メニュー終わり

アサヒコムと高校野球のメインメニューをとばして、このページの本文エリアへasahi.comトップ社会スポーツビジネス暮らし政治国際文化・芸能ENGLISHマイタウン

ここから本文エリア現在位置asahi.comトップ >  高校野球  >  第87回選手権  > 特集  > 白球を追って
担当記者の目「白球を追って」

一瞬の緩みで負けた

2005年08月18日

 ビッグイニングを相手に与えたチームが敗れるべくして敗れた。

 樟南は1点を先行した直後の5回、5連続長短打を含む7本の安打を浴び、1失策も絡んで一挙7失点。「気持ちを切り替えていこうと思っても、集中力が切れてしまった」と遊撃手。継投でかわそうとした枦山監督も「あの流れの中では仕方がなかった。個人個人がしっかりやらないといけないんだが……」と敗因を分析した。

 鳴門工はリードを2点から5点差に広げた直後の7回に6失点。1試合平均1失策のチームがその回だけで3失策と連鎖反応も。併殺をあせって失策した遊撃手は「余裕が心の中にできたせいか、逆にあの回だけじわじわと相手の重圧にのまれた」とうなだれた。

 7回の攻めで2死から3点をもぎとり、「これで勝てる」と、気の緩みがあったことを高橋監督も認める。全国の頂上まであと一歩。一瞬たりとも油断は許されない。


バックナンバー 一覧

[Flash]きょうのホームラン別ウインドウで開きます

大会第32

[ダウンロード]速報PDF号外

pdf

決勝は駒大苫小牧―京都外大西

各代表校のページ

ここから広告です 広告終わり
日程
8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23        
日本高野連
日本学生野球協会
▲このページのトップに戻る

asahi.comトップ高校野球トップ代表校組み合わせ日程試合結果ハイライト特集大会データ観戦ガイド

ニュースの詳細は朝日新聞紙面で。» インターネットで購読申し込み
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.