アサヒ・コム 第87回全国高校野球選手権大会 ここから検索メニュー
検索使い方
検索メニュー終わり

アサヒコムと高校野球のメインメニューをとばして、このページの本文エリアへasahi.comトップ社会スポーツビジネス暮らし政治国際文化・芸能ENGLISHマイタウン

ここから本文エリア現在位置asahi.comトップ >  高校野球  >  第87回選手権  > 特集  > 白球を追って
担当記者の目「白球を追って」

バッテリーに打たれるな

2005年08月13日

 野球で「投手と捕手には打たれるな」は鉄則だ。調子づかせると、それはそのまま勝利に直結してしまうことが多いからだ。鳴門工―丸亀城西戦は、それで明暗を分けたように思う。

 鳴門工の捕手で4番打者の上野は2安打2打点の活躍。一方、丸亀城西の4番で投手の藤田は4打数無安打に終わった。

 上野は打ったことで、後半のリードが特にさえた。緩いカーブを巧みに使い、決め球のスライダーを厳しく内角に要求。「(エースの)田中暁はテンポで投げるタイプだから」と返球も素早く、リズムを与えた。

 藤田は4回、見逃しの三球三振を食らった。それが、その後の投球に影響する。4回まで無安打だったのが、5回から失点を重ねていった。

 この日、樟南の4番で捕手の畑中は3安打でチームは快勝。完封勝ちした青森山田のバッテリーは3、4番。こういうチームは勢いに乗ると本当に怖い。(庄司信明)


バックナンバー 一覧

[Flash]きょうのホームラン別ウインドウで開きます

大会第32

[ダウンロード]速報PDF号外

pdf

決勝は駒大苫小牧―京都外大西

各代表校のページ

ここから広告です 広告終わり
日程
8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23        
日本高野連
日本学生野球協会
▲このページのトップに戻る

asahi.comトップ高校野球トップ代表校組み合わせ日程試合結果ハイライト特集大会データ観戦ガイド

ニュースの詳細は朝日新聞紙面で。» インターネットで購読申し込み
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.