アサヒ・コム 第87回全国高校野球選手権大会 ここから検索メニュー
検索使い方
検索メニュー終わり

アサヒコムと高校野球のメインメニューをとばして、このページの本文エリアへasahi.comトップ社会スポーツビジネス暮らし政治国際文化・芸能ENGLISHマイタウン

ここから本文エリア現在位置asahi.comトップ >  高校野球  >  第87回選手権  > 特集  > 白球を追って
担当記者の目「白球を追って」

「甲子園で勝つために」 沖縄球児の聖地、来秋改修へ

2005年06月18日

 今夏の沖縄大会で開幕、決勝の舞台となる那覇市の奥武山(おうのやま)球場。老朽化のため、来年10月で撤去され生まれ変わる予定だ。沖縄の開会式と決勝は北谷公園野球場と隔年で行われており、順番通りなら、奥武山が主会場になるのは今年が最後になる。

 60年、当時の琉球政府が設計した。米国の球場にならい両翼は当時では広い97.5メートル。公式戦も校庭でしていた沖縄の球児にとっては、待ちに待った本格球場だった。

 「奥武山で試合をするのが目標だった。全国を目指した原点」。同県高野連の城間森邦理事長は自らの高校時代を振り返りながら語る。ソフトバンクの新垣らも巣立った。

 赤土のグラウンドで知られるが、新球場は「甲子園で勝つために」(同理事長)という思いもあり黒土になる。全国選手権で沖縄勢は90、91年の沖縄水産の準優勝が最高だ。赤土の奥武山球場に、深紅の大優勝旗をもたらす恩返しのチャンスは、残り2夏。(渋谷正章)


バックナンバー 一覧

[Flash]きょうのホームラン別ウインドウで開きます

大会第32

[ダウンロード]速報PDF号外

pdf

決勝は駒大苫小牧―京都外大西

各都道府県ページ

ここから広告です 広告終わり
高校野球の日程
6月
            18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

リンク

    日本高野連
    日本学生野球協会
    ▲このページのトップに戻る

    asahi.comトップ高校野球トップニュースみどころ特集大会データ日程観戦ガイド天気

    ニュースの詳細は朝日新聞紙面で。» インターネットで購読申し込み
    asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
    | 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
    Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.