アサヒ・コム ここから検索メニュー
検索使い方
検索メニュー終わり

アサヒコムと高校野球のメインメニューをとばして、このページの本文エリアへasahi.comトップ社会スポーツビジネス暮らし政治国際文化・芸能ENGLISHマイタウン

ここから本文エリア現在位置asahi.comトップ > 

【南北海道】 駒大苫小牧

3年連続5回目

メニューをとばして、このページの本文エリアへ

駒苫V2「守りからリズム」野球実践 勝負強さ光る

2005年08月22日

 夏の甲子園で、57年ぶりの連覇を果たした駒大苫小牧。5試合で2失策の堅い守備と勝負強い打撃、そしてタイプの違う3人の投手起用で熱戦を勝ち抜いた。

 ■打撃

 チーム打率は3割4分2厘。昨夏記録した大会記録の4割4分8厘には及ばない。だが準々決勝の鳴門工(徳島)戦で見せた一挙6点を奪い逆転する集中打や、決勝の京都外大西(京都)戦での決勝点を奪った辻寛人選手の右打ちの二ゴロなど、状況に応じた攻撃で接戦を制した。

 駒大苫小牧は、約2秒間隔で飛んでくるボールを打ち続ける「連続マシン打撃」を練習に採り入れている。これで全国レベルの速球を打つ力を身につけ、準決勝の大阪桐蔭(大阪)戦では大会屈指の左腕・辻内崇伸投手から10安打を放った。

 甲子園入りしてからは一転、スローボールを打つ練習を繰り返した。打撃フォームを再確認するためだ。林裕也主将は「速球だろうと変化球だろうと、打てないのはフォームを崩されるから」と説明する。

 常に次の塁を狙う姿勢も光った。鳴門工戦で岡山翔太選手が見せた相手の隙をつく二塁打は、相手を動揺させ、逆転のきっかけになった。

 ■守備

 雪上ノックで鍛えられた守備は、南北海道大会から選手権大会までの11試合で失策0。決勝こそ2失策だったが、鳴門工の高橋広監督が「守り負け」と評するなど、勝利の原動力になった。

 林裕也、五十嵐大、辻の各選手で構成する内野陣に加え、強気のリードで投手陣を引っ張った小山佳祐捕手や、強肩で余計な進塁を許さなかった青地祐司左翼手らが、「守りからリズムをつくる」野球を実践した。

 ■3投手

 香田誉士史監督が取り組んだ複数投手の育成の成果も出た。

 昨夏は岩田聖司、鈴木康仁、松橋拓也の3投手。今夏の連覇では、松橋、吉岡俊輔、田中将大の3投手を起用した。

 松橋投手は速球を武器に、聖心ウルスラ(宮崎)戦で2安打完封など3試合に先発。決勝で150キロを記録した速球とスライダー、フォークなどが武器の田中投手は、チーム最多の25回3分の2を投げた。吉岡投手も大阪桐蔭戦で好救援した。

 ■メンタル

 選手たちは「楽しむこと」を合言葉に、甲子園でのびのびとプレーした。その背景には、香田監督のメンタル面での配慮がある。

 南北海道大会直前には、選手たちを連れてニセコにラフティングに。2回戦の翌日は、昨夏は優勝でいけなかったユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)に出かけた。選手たちは「勝ったら連れて行ってもらえると思ったので気合が入った」という。

 甲子園入り後は、練習場や試合にバスで移動するとき、勝った試合や昨夏の決勝戦のビデオを流し、気持ちを高めた。

 ■次へ

 昨夏はベンチ入り18人中6人が2年生。林主将ら昨夏の優勝メンバーが経験を生かして連覇に導いた。今大会も2年生6人、1年生1人がベンチ入り。2年生の本間篤史選手を4番で起用し続けるなど、先を見据えている。

 香田監督はいう。「大優勝旗を手にした瞬間から、僕らはまた挑戦者に戻るだけです」


南北海道大会のニュース 一覧

[Flash]きょうのホームラン別ウインドウで開きます

大会第32

[ダウンロード]速報PDF号外

pdf

決勝は駒大苫小牧―京都外大西

駒大苫小牧の甲子園までの道のりを写真で振り返ります。

各代表校のページ

▲このページのトップに戻る

asahi.comトップ

ニュースの詳細は朝日新聞紙面で。» インターネットで購読申し込み
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.