アサヒ・コム ここから検索メニュー
検索使い方
検索メニュー終わり

アサヒコムと高校野球のメインメニューをとばして、このページの本文エリアへasahi.comトップ社会スポーツビジネス暮らし政治国際文化・芸能ENGLISHマイタウン

ここから本文エリア現在位置asahi.comトップ > 

【南北海道】 駒大苫小牧

3年連続5回目

メニューをとばして、このページの本文エリアへ

「楽しむことで一つになった」 最高の形を実現

2005年08月21日

 連覇の瞬間が近づいていた。9回表2死無走者。二塁を守る林裕也主将(3年)は、心の中で昨夏優勝した先輩たちの名前を言った後、「お願いします」と呼びかけた。田中将大投手(2年)が、最後の打者を三振に打ち取ると、両手を広げ、マウンドの歓喜の輪に加わった。

 チームのテーマは「日本一」。だが今夏、林主将の口からはその言葉は聞かれなかった。「昨年のチームがしたことが、どれだけ大きなことだったかを実感した。簡単に口にできない」

 林主将は昨夏、横浜の涌井秀章投手(現西武)からサイクル安打を放つなど主力として活躍。優勝の原動力となった。優勝後、駒大苫小牧を取り巻く環境は激変。道内は「駒苫フィーバー」に沸いた。自身は周囲から「サイクル男」と、打つことが当たり前に見られた。結果を求めるあまり不調に陥った。春から「精神安定のため」深夜まで素振りをする日々が続いた。

 そして迎えた夏。「楽しむことをテーマに、チームが一つになった」。南北海道大会で優勝し甲子園への切符を手にしたとき、重圧から解き放たれてベンチで号泣した。

 吹っ切れて臨んだ甲子園では人が変わったように笑顔ばかり。5試合で18打数10安打。「全国優勝校」のイメージと戦い続けた夏は、「連覇」という最高の形で終わった。

 深紅の大優勝旗が再び、その手に戻ってきた。「自分たちの手にあるのが当たり前の感じがした。手にしっくりきた」。林主将は言ってのけた。


南北海道大会のニュース 一覧

[Flash]きょうのホームラン別ウインドウで開きます

大会第32

[ダウンロード]速報PDF号外

pdf

決勝は駒大苫小牧―京都外大西

駒大苫小牧の甲子園までの道のりを写真で振り返ります。

各代表校のページ

▲このページのトップに戻る

asahi.comトップ

ニュースの詳細は朝日新聞紙面で。» インターネットで購読申し込み
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.