アサヒ・コム ここから検索メニュー
検索使い方
検索メニュー終わり

アサヒコムと高校野球のメインメニューをとばして、このページの本文エリアへasahi.comトップ社会スポーツビジネス暮らし政治国際文化・芸能ENGLISHマイタウン

ここから本文エリア現在位置asahi.comトップ > 

【南北海道】 駒大苫小牧

3年連続5回目

メニューをとばして、このページの本文エリアへ

相手打者のけがを救護 高野選手に拍手

2005年08月12日

 駒大苫小牧3回の守備。1死無走者で相手打者が右足に打球を当てたとき、一塁側ベンチから駒大苫小牧の高野和真選手(3年)が駆け寄った。「どこですか?」と声をかけ、痛がる右足首にスプレーをかけた。高野選手の「ファインプレー」に、会場から拍手が沸いた。

 今春の選抜大会は、ベンチ入りメンバーに一度は選ばれた。だが2月の合宿中に痛めた左ひざのけがが完治せず、開幕直前にはずされた。宿舎の部屋で泣いた。

 その悔しさを胸に、外野守備では「打球を追う一歩目は誰にも負けない」と落下点への入り方を工夫した。この日は一塁コーチとして「緊張をほぐそう」と、選手に笑顔で声をかけた。「出場はないかな」と思っていたら、8回から右翼手に起用された。

 「足が震えるほど緊張した」。8回の守備では二飛に一瞬後ろに下がるほどだった。落ち着いてきた9回の右飛は無難にこなした。

 8回の打席は二飛。「甲子園は最高でした。次は結果がほしいですね」と笑った。


南北海道大会のニュース 一覧

[Flash]きょうのホームラン別ウインドウで開きます

大会第32

[ダウンロード]速報PDF号外

pdf

決勝は駒大苫小牧―京都外大西

駒大苫小牧の甲子園までの道のりを写真で振り返ります。

各代表校のページ

▲このページのトップに戻る

asahi.comトップ

ニュースの詳細は朝日新聞紙面で。» インターネットで購読申し込み
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.