メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

静岡大会の展望

静岡、切れ目ない打線

 今春の県大会で優勝し、選抜にも出場した静岡が総合力で一歩リードし、常葉大菊川や東海大静岡翔洋が迫る。
 静岡は春の県大会でエース春を欠いたが、鈴木翔ら投手陣の粘りで緊迫した試合を勝ち抜き、経験を積んだ。打線は俊足巧打の村松、勝負強い成瀬を中心に切れ目がない。
 常葉大菊川は、外野手から投手にコンバートした左腕榛村(しんむら)が成長し、漢人(かんど)との二枚看板に。春の県大会準優勝の東海大静岡翔洋は打線に爆発力がある。掛川西はプロ注目の本格派河合が4番も担う。
 春の県大会4強の市沼津と島田商のほか、常葉大橘も力がある。ノーシードだが好投手を擁する湖西や磐田東にも注目が集まる。(堀之内健史)

静岡戦績

  • 選抜高校野球大会 戦績ページはこちら
  • 全国高校野球選手権大会 戦績ページはこちら

春季・秋季大会

  • 春季大会 試合結果ページはこちら
  • 秋季大会 試合結果ページはこちら