高校野球の総合情報サイト

ここから本文エリア

現在位置:高校野球>地方ニュース>島根> 記事

島根ニュース

開星・江本前主将を表彰 学生野球優秀選手

2011年1月31日14時58分

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真:記念の盾を受け取る江本昌平さん=松江市西津田9丁目拡大記念の盾を受け取る江本昌平さん=松江市西津田9丁目

 日本学生野球協会が表彰する2010年度の優秀選手に、昨夏の第92回全国高校野球選手権島根大会で優勝し、甲子園に出場した開星高校の前主将、江本昌平さん(18)が選ばれた。江本さんは27日、松江市西津田9丁目の同校で、島根県高野連の井上和朋会長から記念の盾を受け取り、「表彰してもらえるのは素晴らしいこと。支えてくれた人たちに感謝したい」と喜んだ。

 高校生の優秀選手は全都道府県から1人ずつ選ばれる。江本さんは主将としてのリーダーシップや、靱帯(じんたい)断裂のけがを負っても伝令などでチームを支えた献身的な姿勢が評価された。

 江本さんは今春、東京都内の大学へ進学し、野球を続ける。「開星では野球だけでなく、礼儀作法やあいさつも教えてもらった。大学でもしっかりできると思う。将来は監督になって、また甲子園を目指したい」と夢を語った。(岡田慶子)

このページのトップに戻る