メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

島根大会の展望

石見智翠館・開星が軸

 春の県大会を制した石見智翠館と、昨秋の県大会優勝の開星が軸になる。
 石見智翠館は140キロ超の直球と制球が武器のエース靏(つる)を軸に、榊原、迫広(さこひろ)と投手層が厚い。守備からリズムを作り、長打力がある上田、水谷、田中時を中心にたたみかける。開星は昨夏のエース左腕中村が鍵。才木、加納も直球に力がある。走塁を重視した機動力のある攻撃を、俊足のリードオフマン杉本と強打の山根が牽引(けんいん)する。
 今春準優勝で堅守と走塁が強みの立正大淞南、昨秋4強で打線に切れ目がない益田東も頂点を狙う。公立勢では好投手を擁する大社、大東や今春4強で勢いがある平田も上位をうかがう。(浪間新太)

組み合わせ

※雨天順延で日程・球場は変更になる場合があります。最新情報は「日程・予定」からご確認ください。

島根戦績

  • 選抜高校野球大会 戦績ページはこちら
  • 全国高校野球選手権大会 戦績ページはこちら

春季・秋季大会

  • 春季大会 試合結果ページはこちら
  • 秋季大会 試合結果ページはこちら