メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

滋賀大会の展望

彦根東・近江・比叡山が柱

 昨夏、今春に続く甲子園出場を狙う彦根東、今春の選抜に出場した近江、春の県大会を制した比叡山を中心にした優勝争いになりそうだ。
 彦根東は、選抜で、延長で敗れたが九回まで無安打無得点に抑えた増居や昨夏の甲子園で先発した原ら、投手陣に力がある。近江は選抜で登板した林、金城の両左腕に加え、横手投げの松岡も春の県大会で好投。長打力がある北村、家田が中心の打線も強力だ。比叡山は、どこからでも得点できる攻撃力が持ち味。勝、中沢の両左腕はスタミナもつき、制球力も増した。
 春の県大会4強の近江兄弟社と綾羽、昨春の選抜メンバーが残る滋賀学園なども頂点をうかがう。(石川友恵)

滋賀戦績

  • 選抜高校野球大会 戦績ページはこちら
  • 全国高校野球選手権大会 戦績ページはこちら

春季・秋季大会

  • 春季大会 試合結果ページはこちら
  • 秋季大会 試合結果ページはこちら