ここから本文エリア

現在位置:高校野球>第83回選抜> 出場校紹介

第83回選抜高校野球大会

出場校紹介

※戦績は練習試合を含む。打率は公式戦のみ。データは2011年1月29日付朝日新聞朝刊にもとづいています。
※地区名をクリックすると、2010年秋季大会の日程・結果ページへリンクします。
※学校名をクリックすると、学校のページへリンクします。

地区 校名 出場回数 戦績と打率 特徴
北海道(1) 北海 16年ぶり12回目 38勝7敗3分
.332
エース玉熊を中心に継投で流れをつくる。打線は半数が左打者でミートが身上。私立
東北(2) 光星学院(青森) 2年ぶり5回目 43勝5敗4分
.418
投手は秋田、川上の両右腕。打線は田村、金山ら強打者が軸。私立
東北(宮城) 3年ぶり19回目 38勝12敗3分
.299
右腕上村は1試合平均2四死球の高い制球力。非力な打線を足で補う。私立
関東(5) 水城(茨城) 初出場 41勝15敗3分
.257
昨夏甲子園の経験者が6人残った。エース佐藤賢ら4投手は完投能力がある。私立
前橋育英(群馬) 初出場 39勝11敗1分
.342
捕手高橋亮を中心に内外野は堅実。右上手の池田は低めの制球に自信。私立
浦和学院(埼玉) 6年ぶり7回目 56勝16敗6分
.344
右腕佐藤がエースに成長。主砲沼田ら攻撃陣も鋭さを増した。私立
東海大相模(神奈川) 2年連続9回目 35勝9敗1分
.367
渡辺、田中ら全国選手権の準優勝経験者が打線を引っ張る。私立
横浜(神奈川) 3年ぶり13回目 58勝7敗7分
.337
1番乙坂、主砲の近藤ら俊足の好打者がそろい、得点力は高い。私立
東京(2) 国学院久我山 26年ぶり3回目 29勝11敗3分
.325
右腕川口を軸に守りは堅実。1番集貝、4番木村ら上位が得点源。私立
日大三 2年連続18回目 44勝3敗1分
.339
エース吉永は安定感抜群の投球。主砲横尾、高山ら投打ともに強力布陣。私立
東海(2) 静清(せいせい)(静岡) 初出場 44勝12敗2分
.310
187センチの本格派野村は打っても4番。足を絡ませてつなぐ野球が徹底。私立
大垣日大(岐阜) 2年連続3回目 52勝4敗1分
.365
エース葛西は試合経験豊富で安定。4番高田ら打線も強力。私立
北信越(2) 日本文理(新潟) 2年ぶり4回目 39勝6敗2分
.257
強気の投球が持ち味の田村を中心に吉野、波多野の継投。私立
金沢(石川) 7年ぶり9回目 25勝4敗3分
.357
150キロ近い速球と高速スライダーが武器の右腕釜田に注目。私立
近畿(6) 京都成章(京都) 13年ぶり2回目 28勝14敗1分
.309
エース西野を中心に守りでリズムを作り、好機を確実に生かす。私立
履正社(大阪) 3年ぶり3回目 37勝3敗1分
.334
エース飯塚や1番海部、4番石井と昨夏の中心選手がさらに成長。私立
報徳学園(兵庫) 2年ぶり18回目 13勝7敗1分
.280
昨夏活躍した右腕田村が絶対的なエースに成長。堅い守備で1点を守る。私立
加古川北(兵庫) 初出場 51勝19敗6分
.277
エース井上は制球力と度胸の良さで勝負。内外野の堅実な守備が光る。県立
天理(奈良) 4年連続21回目 51勝11敗2分
.377
左腕中谷から右腕西口への継投が安定。5季連続で甲子園の常連。私立
智弁和歌山(和歌山) 2年連続10回目 27勝5敗1分
.349
強肩好リードの捕手道端が守備の要。強力打線は健在。私立
中国(3) 関西(かんぜい)(岡山) 2年連続11回目 53勝7敗1分
.384
昨春も経験した左腕本格派の堅田、右腕の水原と投手陣は盤石。私立
創志(そうし)学園(岡山) 初出場 30勝18敗5分
.259
昨年4月創部。富田、山本の継投策。機動力を使った攻めで急成長。私立
総合技術(広島) 初出場 41勝13敗2分
.325
左腕伊田が成長し投手陣に厚み。俊足がそろい長打不足を機動力で補う。県立
四国(2) 香川西(香川) 初出場 45勝14敗1分
.375
投手陣は右腕の宇都宮、岡田の二枚看板。足を絡ませた機動力野球を磨く。私立
明徳義塾(高知) 3年ぶり14回目 28勝8敗
.357
左腕尾松と主将で4番の北川が引っ張る。粘り強さは健在。私立
九州(4) 九州国際大付(福岡) 29年ぶり2回目 35勝5敗1分
.356
三好、高城のバッテリーが投打の軸。三好は制球が安定。私立
波佐見(はさみ)(長崎) 初出場 36勝12敗1分
.307
エース松田は本格派。速球は140キロ中盤で変化球も切れる。打線は小粒。県立
九州学院(熊本) 9年ぶり4回目 15勝3敗
.283
昨夏8強のメンバーが残る。4番萩原や岡山らの中軸はパワー十分。私立
鹿児島実(鹿児島) 15年ぶり8回目 32勝3敗
.367
初優勝以来の選抜。昨夏の経験者が残る。左腕野田は粘り強い。私立
21世紀枠(3) 大館鳳鳴(おおだてほうめい)(秋田) 初出場 27勝7敗
.308
左の斉藤、右の亀田は打たせる投球が持ち味。小技の向上に取り組む。県立
佐渡(新潟) 初出場 16勝8敗1分
.264
右腕鎌田は切れのいい投球が持ち味。2008年夏に新潟大会で準優勝。県立
城南(徳島) 初出場 38勝19敗5分
.347
旧制徳島中の進学校。本格派の竹内はスタミナがあり、打っても4番。県立

《補欠校》
 北海道 北照▽東北 仙台育英(宮城)、青森山田▽関東 春日部共栄(埼玉)、木更津総合(千葉)▽東京 八王子、昭和▽東海 三重、愛工大名電(愛知)▽北信越 遊学館(石川)、佐久長聖(長野)▽近畿 PL学園(大阪)、神戸国際大付(兵庫)▽中国 広島国際学院、鳥取育英▽四国 高知、新田(愛媛)▽九州 興南(沖縄)、龍谷(佐賀)▽21世紀枠 遠軽(北海道)、西都商(宮崎)

このページのトップに戻る