ここから本文エリア

現在位置:高校野球 >第79回選抜 >大垣日大 >ニュース > 記事

第79回選抜高校野球大会

大垣日大

初出場

大垣日大トップ| ニュース| 写真特集| マイタウン岐阜|

大垣日大・森田、しのいで完投 制球難、崩れず修正

2007年04月03日

 スライダーがすっぽ抜けた。死球。9回2死とはいえ、同点の走者が一塁に歩いた。次は帝京の4番、強打者中村。大垣日大の森田は腹を決める。「直球で押すしかない」。選んだのは、一番自信がある球だった。

写真

帝京―大垣日大 9回表帝京2死一塁、最後の打者を打ち取り、三塁手増田(5)とタッチする投手森田。捕手箕浦

 カウント1―1からのこの試合158球目。136キロの速球を外角に投げ込んだ。二ゴロとなって試合は終わった。

 森田は今大会4試合目の登板で、前日から2連投。疲れている。1回からフォームがばらつき、「アップアップの状態」だったという。俊足ぞろいの帝京の機動力を意識し、制球を乱して先取点を許した。

 技術的にも修正できないでいた。左肩が早く開きすぎたことも、制球が定まらない原因だった。3回から7回までに7四球を与えた。

 この間を2失点でしのげたのは、帝京のミスに助けられたからだった。6回はスクイズのサイン見落とし。7回はボール球に手をだしてくれた。

 森田は味方の攻撃中、フォームを修正しようと懸命だった。ブルペンで足をあげ、ためを作る練習をずっとしていた。8回からは、ゆったりと足を下ろす本来のリズムが戻ってきた。崩れそうでいながら最後まで投げきれた陰には、こんな努力があった。

 決勝は48年ぶりの東海地区同士の対戦となった。昨秋の東海大会準決勝では0―4で負けた常葉菊川が相手だ。阪口監督は高揚しながら言った。「森田は8、9回で形になった。これで決勝も楽しめる」



ここから広告です

広告終わり
ここから広告です
広告終わり
▲このページのトップに戻る

ニュースの詳細は朝日新聞紙面で。» インターネットで購読申し込み
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.