ここから本文エリア

現在位置:高校野球>第79回選抜>旭川南>ニュース> 記事

第79回選抜高校野球大会

旭川南

初出場

旭川南トップ| ニュース| 写真特集| マイタウン北海道|

主戦・浅沼の出来がカギ 旭川南、開会式堂々行進

2007年03月24日

 第79回選抜高校野球大会(日本高野連、毎日新聞社主催)が23日、阪神甲子園球場で始まった。旭川南は開会式で出場32校の最後に登場。浅沼寿紀主将は「緊張で身が引き締まる思い」と話した。旭川南は大会5日目の第1試合(27日午前9時開始)に、同じく春初出場の創造学園大付(長野)と戦う。

 甲子園は64年夏に出た経験があるが、春は初めて。主将でエースの左腕・浅沼寿紀選手の出来が鍵を握る。

 181センチと長身の浅沼投手は、130キロを超える直球に落差のあるカーブを織り交ぜる投球が持ち味。昨秋の道大会と明治神宮大会の計8試合、67回をすべて1人で投げきり、防御率は1.34だ。

 攻撃陣は機動力が武器。道大会決勝で本盗を成功させるなど、「相手のスキを突く走塁」(小池啓之監督)が持ち味だ。

 神宮大会での初戦では、選抜出場の常葉菊川(静岡)に、2―6で惜しくも敗れた。チームは旭川の厳しい冬でも毎日10キロ走り込み、下半身強化に努めた。

 小池監督は旭川竜谷のコーチや監督、鵡川の部長として、甲子園を3度経験した知将。「子どもたちにはこんな夢舞台で野球ができる幸せを感じて欲しい。その上で、なるべく長く甲子園にいられたら」と自然体で臨む。



ここから広告です

広告終わり
ここから広告です
広告終わり
▲このページのトップに戻る

ニュースの詳細は朝日新聞紙面で。» インターネットで購読申し込み
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.