メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

勝負はしません

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1992年、「怪物」と恐れられた松井秀喜。観客は松井の活躍を期待していましたが、迎えた2回戦、明徳義塾戦で彼を待ちかまえていたのは、「非情な作戦」でした。

甲子園が揺れた瞬間