• このエントリーをはてなブックマークに追加

高校野球史上最高の試合 ~箕島vs星稜 延長18回の激闘~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1979年の第61回大会3回戦で、この年の選抜を優勝し、春夏連覇を狙う尾藤公監督率いる和歌山代表・箕島と山下智茂監督率いる石川代表・星稜が対戦。互いに譲らず1-1の同点で延長戦に突入、星稜が点を取れば箕島が二度の起死回生のホームランで追いつく展開。そして迎えた延長18回ウラ…

甲子園が揺れた瞬間