メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高校野球の歴史的な節目となる100回目の記念大会の甲子園開幕日からちょうど100日前に当たる4月27日に、この“2018 ABC夏の高校野球応援ソング/「熱闘甲子園」テーマソング”を、『嵐』が歌うことが、そして、6月1日に、楽曲『夏疾風(なつはやて)』が発表されました。作詞・作曲を手がけたのは、ゆずの北川悠仁。タイトルの「夏疾風」とは、日本に古くから伝わる“夏らしく吹き抜ける風”を表す言葉で、夏にかける球児たちの想いや、一瞬のきらめきを凝縮したようなさわやかで力強い曲となっています。[動画はこちら]

甲子園を経験した選手、夢半ばで涙を飲んだ選手、そして、球児の姿を自分自身に重ねる著名人・・・。100回という歴史的大会に挑む球児へ、珠玉の言葉を届ける。高校野球から得た「チカラ」とは・・・?(朝日放送テレビ(関西ローカル) 放送:毎週土曜日22時10分放送予定)[全動画はこちら]

100回大会記念して、全国を九つのボールが巡る「始球式リレー」。甲子園への思いは過去から現在、そして未来へとつながります。 [全動画はこちら]

「栄冠は君に輝く」にのせたダンスCMは今年、初めて甲子園で撮影された。同志社香里、登美丘、今宮の大阪の三つの高校のダンス部が創作し、出演した。はつらつとしたダンスが、100回目の夏を盛り上げる。 [全動画はこちら]

高校生による、高校球児のための、全力応援番組!100回を迎える夏の甲子園出場を目指す球児へ 我こそは!と名乗り出た全国のスーパー高校生が登場!さぁ、全国の若人たちよ!自慢の「カミワザ」で・・・歴史的瞬間に挑む球児に、最高のエールを送れ!!(朝日放送テレビ(関西ローカル) 放送:毎週木曜日深夜放送予定)[全動画はこちら]

各地区の放送局から寄せられた地元の学校に密着したニュース動画や特別番組を期間限定で随時公開しています![全動画はこちら]

甲子園で春夏計5度の優勝を誇る渡辺元智・前横浜監督(73)と西谷浩一・大阪桐蔭監督(48)。2人の名将に、思い出の試合から育成論まで熱く語り合ってもらいました。(撮影・取材は2017年6月)

2016年11月26日土曜日、熊本県・藤崎台県営野球場で松山商業高校OBと熊本工業高校OBによる親善試合が行われた。メンバーは、20年前「奇跡のバックホーム」として高校野球史に刻み込まれた第78回全国高校野球選手権大会決勝を戦った松山商業と熊本工業の野球部OBたちだ。スタンドでは多くの高校野球ファンが親善試合を温かく見守り、地震で大きな被害を受けた熊本は盛り上がった。(映像提供:愛媛朝日テレビ)[動画はこちら]