メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

101回目を迎える全国高校野球選手権。
「高校野球新世紀」では、100回の夏が終わり、「世紀代わり」を機に高校野球に関わる人たちが取り組む、様々な“新しいもの”を取材します。
“高校野球”をきっかけに、子どもたちや関わる人の「今」とは?
そしてその先の未来の姿はどうなっていくのか?
この企画では記者の目線と映像ディレクターの目線でその模様を取材、みなさんへお届けします。
バーチャル高校野球では、夏の注目校を独自でも動画取材。特別動画をぜひお見逃しなく!![全動画はこちら]

利根商業(群馬)豊田義夫監督82歳。かつて近大付属を率いて春の選抜大会に3度出場。しかし夏は大阪大会決勝に4度進出するも甲子園には届かなかった“悲運の名将”。
2018年夏の第100回記念大会を節目に60年にわたる高校野球の指導者人生の引退を決意し、挑んだ最後の夏… [動画はこちら]

「100回記念!甲子園アイドルランキング ベスト100」と銘打って、これまで甲子園で活躍したアイドルと思う球児をアンケート調査で決まったランキングベスト100を、何とカウントUP方式で見せる!?
ランキングを見ながら、部員たちの球児に対する熱いトークが止まらない!![全動画はこちら]

今年で100回目となる夏の甲子園。この長い歴史の中で数々の名勝負が生まれてきた。その名勝負を振り返る「甲子園が揺れた瞬間」。[全動画はこちら]

甲子園で春夏計5度の優勝を誇る渡辺元智・前横浜監督(73)と西谷浩一・大阪桐蔭監督(48)。2人の名将に、思い出の試合から育成論まで熱く語り合ってもらいました。(撮影・取材は2017年6月)