スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

沖縄大会

  • 代表校紹介
  • 予定・結果

興南(4年ぶり13回目)

4年ぶり。エース生盛(せいもり)は最速147キロを誇る。29回を投げ、32奪三振、2失点と安定する。打線は計6本塁打と破壊力がある。主将で3番の禰覇(ねは)は3試合連続本塁打を放った。2010年には春夏連覇を果たした。

PDF号外(クリックして拡大)

決勝戦振り返り

戦評

ハイライト動画

地方大会成績 チーム打率0.316 総得点34 総失点6
公/私 私立 部員数 119人
責任教師 安里 利光 監督 我喜屋 優
所在地 那覇市古島1の7の1
背番号 選手 学年

◎が主将。メンバーは変更される場合があります。

地方大会戦績

  • 勝ち
  • 負け
  • 引き分け
日程 回戦 対戦 試合結果 勝敗
  • 組み合わせ
  • 終了した試合
選択する
学校を選択

組み合わせ(開幕前)

フォトギャラリー

沖縄の大会概要・展望

大会概要

展望

沖縄 興南・沖縄水産、強力打線

 興南、沖縄水産、沖縄尚学が優勝争いの中心となる。興南は新型コロナの影響で春の県大会を辞退したが、層が厚く総合力は高い。昨秋の九州大会では、エース格の右腕生盛(せいもり)を故障で欠くなか、現2年生の左腕・平山が好投して8強入りした。打線も禰覇(ねは)、盛島らに破壊力がある。

 春の県優勝の沖縄水産は打力に自信を持つ。川端、吉元と出塁率の高い1、2番が好機をつくる。昨夏代表の沖縄尚学はエース吉山が春の県準決勝で無安打無得点試合を達成するなど、投手力が高い。3校を追うのは春の県4強の前原、宮古か。具志川商、ウェルネス沖縄、未来沖縄も上位候補だ。(酒瀬川亮介)

沖縄大会の記録


甲子園戦績一覧