メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大分大会の展望

明豊に佐伯鶴城続く

 春の九州大会準優勝の明豊を中心とした展開が予想される。春の県選手権を制した佐伯鶴城が後を追う。
 明豊は投手陣の層が厚く、打線も昨夏の甲子園経験者の管や浜田を中心に着実に得点する。佐伯鶴城のエース大神は県選手権で連投を経験し、手応えをつかんだ。打線は小技を生かし好機をつくる。
 杵築は打線に長打力があり、どこからでも得点できる。エース幡手が投打の軸となる。県選手権準優勝の藤蔭も上位をうかがう。最速140キロ超のエース翁長がいる日本文理大付にも注目したい。
 飛び抜けた実力派投手を擁するチームはなく、打線が爆発すればどのチームも上位進出が狙える。(小林圭)

組み合わせ

※雨天順延で日程・球場は変更になる場合があります。最新情報は「日程・予定」からご確認ください。

大分戦績

  • 選抜高校野球大会 戦績ページはこちら
  • 全国高校野球選手権大会 戦績ページはこちら

春季・秋季大会

  • 春季大会 試合結果ページはこちら
  • 秋季大会 試合結果ページはこちら