メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

北大阪大会の展望

選抜連覇、大阪桐蔭が筆頭

 選抜大会を連覇し、近畿大会も制した大阪桐蔭が頭一つ抜けている。両大会の決勝を投げ抜いた根尾に、横川、柿木を加えた投手陣は充実。中川、藤原、根尾ら勝負強い打者が並ぶ打線も隙がない。
 昨春の選抜準優勝の履正社は、当時のチームから浜内、筒井、西山ら打力のある選手が残ったが、春の府大会では4回戦で零封された。好機での集中力と投手力の底上げが課題だ。
 春の府大会準優勝の関大北陽は久保、北口らが粘投をみせる。公立勢は寝屋川、吹田、池田が上位をうかがう。昨夏の大阪大会準優勝の大冠(おおかんむり)も地力がある。汎愛(はんあい)は最速147キロの羽田野の投球に注目が集まる。(遠藤隆史)

北大阪戦績

  • 選抜高校野球大会 戦績ページはこちら
  • 全国高校野球選手権大会 戦績ページはこちら

春季・秋季大会

  • 春季大会 試合結果ページはこちら
  • 秋季大会 試合結果ページはこちら