メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

北神奈川大会の展望

東海大相模など3校が柱

 今春の選抜出場の東海大相模、慶応と、春の県大会で両校を破った桐光学園の3校が中心となりそうだ。
 東海大相模は小松、森下、山田の攻守の軸に、1年生の加藤、山村ら新戦力も加わった。斎藤、青柳、浅海ら投手陣の仕上がりが鍵となる。
 桐光学園は2年生投手谷村、冨田の成長が著しい。攻守の柱、山田を中心に安定した守備から好機を作る。
 慶応は生井(なまい)、渡部の両左腕と組む捕手善波(よしなみ)のリードが武器。チームワークにさらなる磨きをかける。
 春の県大会8強の横浜商大に向上、法政二、武相の私立勢のほか、白山、大師、橘、川崎北などの公立勢も戦力が充実している。(鈴木孝英)

組み合わせ

※雨天順延で日程・球場は変更になる場合があります。最新情報は「日程・予定」からご確認ください。

北神奈川戦績

  • 選抜高校野球大会 戦績ページはこちら
  • 全国高校野球選手権大会 戦績ページはこちら

春季・秋季大会

  • 春季大会 試合結果ページはこちら
  • 秋季大会 試合結果ページはこちら