高校野球の総合情報サイト

ここから本文エリア

現在位置:高校野球>地方ニュース>新潟> 記事

新潟ニュース

2年生右腕明暗 日本文理・田村と波多野

2011年3月29日9時19分

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

 (28日、九州国際大付4―2日本文理) 日本文理は2年生の右腕2人の明暗が分かれた。先発のエース田村は九州国際大付に変化球を見極められ、直球を仕留められる悪いパターン。1回に1点。追いついてもらった直後の4回にも3点を失い、同級生の波多野にマウンドを譲った。「高めに球が行くと、通用しなかった」。開幕試合で香川西を9回1失点に抑えた安定感はなかった。

 一方、波多野は最速144キロの速球で押し、4回3分の1を無失点。「低めへコーナーを突けた。いつでも準備をしていた」と胸を張った。再び夏まで背番号1を争う2人は「また、ここに戻ってきたい」と口をそろえて言った。

検索フォーム

このページのトップに戻る