メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

北福岡大会の展望

東筑と九州国際大付 優勢

 北部と南部のチームが争う春の県大会で南部勢を退け、4強を独占した北部勢。中でも選抜出場の東筑と、春の九州大会を制した九州国際大付が頭一つ抜け出ている。
 東筑のエース石田は、夏春連続で甲子園を経験。横手からの直球は最速140キロ台、出どころも見えにくい。打線は江藤、和久田ら2年生が力をつけ、切れ目がない。
 九州国際大付は中村、甲斐らの強力打線が武器。投手陣も急成長し、球持ちのよい速球派の下村、制球力のある山本が九州大会4試合をわずか3失点と抑えた。
 好投手河浦を擁する小倉、春の九州大会出場の八幡や東筑紫学園なども力があり、群雄割拠といえる。(狩野浩平)

北福岡戦績

  • 選抜高校野球大会 戦績ページはこちら
  • 全国高校野球選手権大会 戦績ページはこちら

春季・秋季大会

  • 春季大会 試合結果ページはこちら
  • 秋季大会 試合結果ページはこちら