ここから本文エリア

総合ニュース
2013年8月22日0時39分
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

楽天・星野監督「あとはうちだけか」 高校野球談議に花

 21日の楽天―日本ハム戦の試合前、Kスタ宮城は全国高校野球選手権準決勝の話題に花が咲いた。

 テレビで高校野球番組のキャスターを務めたこともある日本ハムの栗山監督が「塁にボールが当たったり、併殺がやり直しになったり。いろんなことが起こる」と大会の魅力を分析。

 OB2人は直接対決した後輩へエールを送った。宮崎県勢初の決勝進出を果たした延岡学園出身の日本ハム・黒木投手コーチは「いいチーム。積極的に打つし、盗塁もする。投手もいい。ここまで来たら狙うのはてっぺん。明日が楽しみ」。敗れた花巻東(岩手)で昨夏出場出来なかった大谷は「ベスト4でもすごい成績。自信を持って欲しい。2年生も多いし、来年につながると思う」とねぎらった。

 一方、楽天の星野監督は日大山形も敗れ、東北勢が姿を消したことに、現在のチーム状況を重ねた。「あと残っているのはうち(楽天)だけか。決勝に残れるか、だな」

検索フォーム