ここから本文エリア

現在位置:高校野球>総合ニュース> 記事

総合ニュース

富山・南砺福野など9代表が甲子園に 高校野球地方大会

2009年07月30日

 新たに9代表が決まり、戦前の6回大会(1920年)を制した関西学院(兵庫)が39年以来、70年ぶりに名乗りをあげた。41回大会(59年)優勝の西条(愛媛)は17年ぶりの復活。中京商時代に全国制覇6度を誇り、今春の選抜8強の中京大中京(愛知)は5年ぶり、東北(宮城)と日大三(西東京)は4年ぶり、熊本工は3年ぶりの代表に。南砺(なんと)福野(富山)は春夏通じて初めて、昨年の選抜大会に21世紀枠で出場した華陵(かりょう)(山口)は初の夏切符をつかんだ。高知は3年連続。

 これで46代表が決まり、静岡と広島の決勝は31日、大阪は8月1日にある。昨夏の覇者・大阪桐蔭は準々決勝でPL学園に敗れ、連覇の夢がついえた。


ここから広告です
広告終わり

このページのトップに戻る