ここから本文エリア

総合ニュース

自民党が、特待生問題で高野連会長らからヒアリング

2007年06月07日

 自民党の「高校野球特待制度問題小委員会」の第2回会合が7日、東京都内の党本部であり、脇村春夫・日本高野連会長らが出席した。ヒアリングを終えた脇村会長は「柔軟な姿勢を持つべきだという建設的な意見をいただいた。自身の責任問題については次回(11月)の評議員会で諮ろうと思う」と話した。小委員会は、高野連が特待生制度への一定の基準を示す26日までに考えをまとめたいとしている。

このページのトップに戻る