ここから本文エリア

現在位置:高校野球>第79回選抜>総合ニュース> 記事

第79回選抜高校野球大会

総合ニュース

常葉菊川が大垣日大を破り初優勝 選抜高校野球

2007年04月03日

 第79回選抜高校野球大会(日本高校野球連盟、毎日新聞社主催)第12日の3日、決勝戦は常葉菊川(静岡)が大垣日大(岐阜)を6―5で破って、初優勝を飾った。静岡県勢の選抜優勝は第50回(78年)の浜松商以来。

写真

優勝を決め、抱き合って喜ぶ常葉菊川の選手たち=3日午後、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で

写真

大垣日大―常葉菊川 8回裏常葉菊川2死一、二塁、二塁走者石岡は高野の中前適時打で生還し、決勝点となる。捕手箕浦  

写真

大垣日大―常葉菊川 8回裏常葉菊川2死一、二塁、高野は中前適時打を放ち、決勝点となる。捕手箕浦

写真

大垣日大―常葉菊川 2回表大垣日大2死一、二塁、森田の右前適時打で二塁走者小林が生還。捕手石岡

写真

メガホンで指示を出す大垣日大の阪口監督=阪神甲子園球場で、水野義則撮影

写真

大垣日大―常葉菊川 1回裏常葉菊川1死、町田は左中間本塁打を放つ。捕手箕浦

写真

打撃練習する常葉菊川の選手たち=3日午前、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で

 常葉菊川は先発の左腕・戸狩が立ち上がりを突かれ2回までに4失点。ただ、打線もめげずに、3回までに町田、中川のソロ本塁打などで1点差に迫った。戸狩を継投したエースの田中が、5回まで点を許さず、味方の援護を待った。

 6回に1点を失い2点差とされたが、打線が食い下がる。7回、四球、敵失で得た2死一、三塁の好機に、長谷川が左中間適時二塁打を放ち1点差とした。

 8回裏には2死二塁から石岡の左前適時打で同点。さらに、敵失で2死一、二塁とし、高野の中前に抜ける適時打で勝ち越した。

 準々決勝の大阪桐蔭戦、準決勝の熊本工戦と同様に、終盤での逆転勝利で栄冠をつかんだ。

 初出場で希望枠初の決勝進出を果たした大垣日大は、これまで戦った4試合と同じく、この試合も初回に得点を挙げ、持ち前の積極的な野球を展開した。エース森田も一人で5試合を投げ抜いたが、終盤の守りのミスが痛かった。




この記事の関連情報 


ここから広告です
広告終わり
ここから広告です
広告終わり
▲このページのトップに戻る

ニュースの詳細は朝日新聞紙面で。» インターネットで購読申し込み
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.