ここから本文エリア

現在位置:高校野球>第79回選抜>総合ニュース> 記事

第79回選抜高校野球大会

総合ニュース

帝京が広陵を7―1で下し、準決勝進出 選抜高校野球

2007年04月01日

 第79回選抜高校野球大会(日本高校野球連盟、毎日新聞社主催)第10日の1日、準々決勝第1試合は帝京(東京)が広陵(広島)を7―1で下し、準決勝進出を決めた。帝京の4強入りは、優勝した64回大会(92年)以来。

写真

帝京―広陵 1回表帝京2死満塁、杉谷翔は右越え満塁本塁打を放つ

写真

帝京―広陵 7回裏広陵1死、小林の飛球を好捕する中堅手本間

 帝京は1回表、上原の右越え三塁打を杉谷拳の左犠飛でかえし先制。四番中村の右越えソロ本塁打と、3連打の後の杉谷翔の右越え満塁本塁打でこの回計6点を挙げた。3回には垣ケ原の左前適時打で1点を加えた。

 広陵は6回裏、1死一、三塁から遊ゴロの間に1点を返したが、反撃はこの1点にとどまった。

 帝京は先発した左腕の垣ケ原が被安打6、失点1と好投した。広陵は先発・野村の立ち上がりを突かれたのが最後まで響いた。


この記事の関連情報 


ここから広告です
広告終わり
ここから広告です
広告終わり
▲このページのトップに戻る

ニュースの詳細は朝日新聞紙面で。» インターネットで購読申し込み
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.