アサヒ・コム 高校野球 ここから検索メニュー
検索使い方
検索メニュー終わり

アサヒコムと高校野球のメインメニューをとばして、このページの本文エリアへ朝日新聞社からアスパラクラブクラブA&A携帯サービスWeb朝日新聞サイトマップ文字拡大・音声

天気住まい就職・転職BOOK健康愛車教育サイエンスデジタルトラベル囲碁将棋社説コラムショッピングbe
現在位置asahi.comトップ > 高校野球 > ニュース  > 秋田商
ここから本文エリア

秋田商

2年ぶり5回目

秋田商トップ| ニュース| 写真特集| マイタウン秋田|

練習積み夏こそ恩返し 役割しっかり果たす 七尾二塁手

2006年04月02日

写真

  

 「絶対チームに迷惑をかけないプレーを」。七尾理志二塁手はそう心に決めてPL学園戦に臨んだ。対今治北戦での「ミス」が脳裏から消えていなかった。

 9回、3―1とリードした2死二、三塁。あと1人抑えると8強という場面で、打者の打ち損じた打球が七尾君の後方へふらふらと上がった。追いついたと思われた打球は、七尾君と小山田聡太右翼手の間にポトンと落ち、一時は同点に追いつかれた。辛うじて勝ったものの、試合後、報道陣の前で「自分のミス」と悔やみ、泣き続けた。

 しかしこの日は、守備範囲に飛んでくる打球の処理や送りバント時の一塁カバーなど、地味ながら隠れたプレーで二塁手としての役割をしっかりこなした。

 組み合わせ抽選後、大阪の宿舎で、七尾君は小野平監督からエンジ色のアンダーシャツを手渡された。「おれも現役のときは緊張もしたし、エラーもした。おれだと思って着ろ」。小野監督も現役時代は二塁手。それだけに、レギュラーに甲子園経験者が多い中、未経験者の七尾君の活躍を期待した。

 七尾君は、タグに「T―ONO」と書かれたシャツを着てグラウンドに立った。「監督に恩返しがしたい」と思い続けていたが、この日の打席ではバットから快音は響かなかった。

 連係プレー、打撃での球の見極め……。基本的なことで再確認しなければならない課題が山積み、と七尾君。「練習を積み、守備でも打撃でも、レギュラーとしてもっと信頼されるプレーをしたい。恩返しは夏に、必ず」。七尾君は気持ちを引き締めた。


高校野球関連記事 一覧

選抜出場校
北海道 北海道栄 旭川実  
東北 秋田商 光星学院  
関東
東京
成田 高崎商 東海大
相模
横浜 早稲田実 東海大
菅生
東海 岐阜城北 愛知啓成  
北信越 高岡商 日本文理  
近畿 履正社 智弁
和歌山
PL学園
京都
外大西
神港学園 北大津
中国 関西 岡山東商 南陽工
四国 小松島 今治北  
九州 清峰 伊万里商 延岡学園
八重山
商工
   
21世紀 真岡工 金沢桜丘  
希望 一関学院    
マイタウン(地域情報)

リンク

日本高野連
日本学生野球協会
▲このページのトップに戻る

asahi.comトップ社会スポーツビジネス暮らし政治国際文化・芸能ENGLISHマイタウン

ニュースの詳細は朝日新聞紙面で。» インターネットで購読申し込み
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.