アサヒ・コム 高校野球 ここから検索メニュー
検索使い方
検索メニュー終わり

アサヒコムと高校野球のメインメニューをとばして、このページの本文エリアへ朝日新聞社からアスパラクラブクラブA&A携帯サービスWeb朝日新聞サイトマップ文字拡大・音声

天気住まい就職・転職BOOK健康愛車教育サイエンスデジタルトラベル囲碁将棋社説コラムショッピングbe
現在位置asahi.comトップ > 高校野球 > ニュース  > 清峰
ここから本文エリア

清峰

初出場

清峰トップ| ニュース| 写真特集| マイタウン長崎|

清峰、そつない攻め 好機逃さず着実に得点

2006年04月02日

写真

清峰―日本文理 5回表清峰1死満塁、木原の適時打で三塁走者有迫(手前)、二塁走者佐々木優が生還

 好機を生かし着実に得点した清峰が、ベスト4進出を決めた。1日の選抜高校野球大会準々決勝で日本文理(新潟)と対戦した清峰は、エース有迫の好投に4番木原の適時打なども出て、4―0で勝利した。春夏通じて県勢の4強入りは、76年夏の海星以来30年ぶり。初の決勝進出を目指し、大会11日目第2試合のPL学園(大阪)との一戦に臨む。

 ◎…両チームともに4安打の投手戦。明暗を分けたのは、好機を生かす決定力の差だった。

 2回表、清峰は木原の四球と佐々木伸の幸運な右前安打で1死二、三塁の好機をつくると、7番田辺の遊ゴロの間に木原が生還。さらに暴投で、佐々木伸が2点目のホームを踏んだ。

 一方、日本文理はその裏2死から、エース有迫が自信を持って投げた直球を連続安打して一、二塁とした。だが、有迫は動揺することなく後続を遊ゴロに打ち取った。

 5回にも安打の有迫を置いて、佐々木優、佐々田が連続送りバント。これが敵失を誘って満塁となり、木原の中前適時打で2点追加した。

 逆に、日本文理は6回に初めて三塁に進んだが、有迫が勢いのある直球で凡打させた。終わってみると、残塁数は清峰の5に対し、日本文理は9だった。

 有迫は1、2回戦で計20回を投げて与四死球17個だったが、この試合は2で、本人も「きょうは出来すぎ」。三振こそ3個にとどまったが、直球とスライダーを織り交ぜて打たせて取る投球。3回には失策で出した一塁走者を牽制(けん・せい)で刺した。

 遊撃手の佐々木伸は9個の打球をさばいた。1失策はあったものの、深い位置から一塁への好送球を何度も見せた。「練習と同じ動きができた。甲子園も佐世保野球場も一緒の感じですね」

 次戦の相手はPL学園(大阪)。30年前の夏、準決勝に進んだ長崎代表の海星が涙をのんだ相手でもある。見えてきた紫紺の優勝旗に向け、相手にとって不足なしだ。

◆練習の成果(清峰・吉田洸二監督)

 有迫は全然疲れがないと言ったので先発させた。制球良くコースを攻め、野手のミスをカバーした。先制の遊ゴロでの生還は、一番練習してきたプレー。走者がきっちり走ってくれ、流れをつかめた。

◆貧打が原因(日本文理・大井道夫監督)

 打てなかったのが敗因。有迫投手のボール球に手を出さないように指示したが、低めの球がストライクに見えたようだ。甲子園で2勝は出来すぎ。練習不足の中、選手たちは本当によくがんばった。

◆さあVだ!

 佐々町の清峰高校では、防災無線の案内で集まった地域住民や生徒ら約100人が、体育館に設置した大型スクリーンで観戦。太鼓やラッパ、応援歌が終始にぎやかに鳴り響いた。

 太鼓をたたいて応援を引っ張った女子バスケット部の前川舞主将(17)は「ここまで来たら優勝してほしい」。生徒会長の竹山悟君(17)は興奮した様子で、「有迫はよくがんばった。あいつは冬の間ずっと走り込みをしてきたから、次も大丈夫」。


高校野球関連記事 一覧

選抜出場校
北海道 北海道栄 旭川実  
東北 秋田商 光星学院  
関東
東京
成田 高崎商 東海大
相模
横浜 早稲田実 東海大
菅生
東海 岐阜城北 愛知啓成  
北信越 高岡商 日本文理  
近畿 履正社 智弁
和歌山
PL学園
京都
外大西
神港学園 北大津
中国 関西 岡山東商 南陽工
四国 小松島 今治北  
九州 清峰 伊万里商 延岡学園
八重山
商工
   
21世紀 真岡工 金沢桜丘  
希望 一関学院    
マイタウン(地域情報)

リンク

日本高野連
日本学生野球協会
▲このページのトップに戻る

asahi.comトップ社会スポーツビジネス暮らし政治国際文化・芸能ENGLISHマイタウン

ニュースの詳細は朝日新聞紙面で。» インターネットで購読申し込み
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.