アサヒ・コム 高校野球 ここから検索メニュー
検索使い方
検索メニュー終わり

アサヒコムと高校野球のメインメニューをとばして、このページの本文エリアへ朝日新聞社からアスパラクラブクラブA&A携帯サービスWeb朝日新聞サイトマップ文字拡大・音声

天気住まい就職・転職BOOK健康愛車教育サイエンスデジタルトラベル囲碁将棋社説コラムショッピングbe
現在位置asahi.comトップ > 高校野球 > ニュース  > 早稲田実
ここから本文エリア

早稲田実

18年ぶり18回目

早稲田実トップ| ニュース| 写真特集| マイタウン東京|

斎藤佑樹投手 再登板で気迫のフォーク

2006年04月01日

写真

力投する早稲田実の斎藤投手

 左翼を守っていたエースは、6回裏、再びマウンドに戻ってきた。連投も3日目、先発して3回まで投げたこの時点での投球数が401球であることなどまるで感じさせない、涼しい顔で。

 「レフトから早く戻りたい気持ちでマウンドを見てました」

 13点と大量リードされていたこの回、和泉実監督に「おまえが絶対抑えろ」と送り出された。「次の回につなげる」。気迫で相手打者に向かった。そこにあったのは、早実を18年ぶりに選抜出場に押し上げたエースの意地だ。

 和泉監督が「さすがに斎藤は斎藤だ」とうならせたのは8回。2連打や四球で2死満塁とした場面で、最後の打者をフォークで三振に仕留めた。「もう1点も与えたくなかった」と斎藤君。

 マウンドを守っただけでなく、打撃では3番に座ったこの日、2安打と気を吐いた。「甲子園の打席は球がよく見えた。打ちやすかったです」。これまで仲間に打撃と守りで助けられてきた、感謝の気持ちで打席に立ったという。

 疲れがなかったはずはない。だが、13―3での負けを、前々日から2日続いた関西(岡山)との引き分け再試合のせいにしたくはなかったのだろう。監督から先発を告げられたときは「当たり前だと思った」と言い切る。唯一の悔いは、「調子が良くても悪くても、思う通りの投球をしたかった」だった。

 この大会で絶体絶命のピンチを何度も乗り切った。「楽しかった。また、絶対戻ってきます」

 ただ戻るだけでなく、夏に目指すのは「全国制覇」だ。


高校野球関連記事 一覧

選抜出場校
北海道 北海道栄 旭川実  
東北 秋田商 光星学院  
関東
東京
成田 高崎商 東海大
相模
横浜 早稲田実 東海大
菅生
東海 岐阜城北 愛知啓成  
北信越 高岡商 日本文理  
近畿 履正社 智弁
和歌山
PL学園
京都
外大西
神港学園 北大津
中国 関西 岡山東商 南陽工
四国 小松島 今治北  
九州 清峰 伊万里商 延岡学園
八重山
商工
   
21世紀 真岡工 金沢桜丘  
希望 一関学院    
マイタウン(地域情報)

リンク

日本高野連
日本学生野球協会
▲このページのトップに戻る

asahi.comトップ社会スポーツビジネス暮らし政治国際文化・芸能ENGLISHマイタウン

ニュースの詳細は朝日新聞紙面で。» インターネットで購読申し込み
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.