アサヒ・コム 高校野球 ここから検索メニュー
検索使い方
検索メニュー終わり

アサヒコムと高校野球のメインメニューをとばして、このページの本文エリアへ朝日新聞社からアスパラクラブクラブA&A携帯サービスWeb朝日新聞サイトマップ文字拡大・音声

天気住まい就職・転職BOOK健康愛車教育サイエンスデジタルトラベル囲碁将棋社説コラムショッピングbe
現在位置asahi.comトップ > 高校野球 > ニュース  > 日本文理
ここから本文エリア

日本文理

初出場

日本文理トップ| ニュース| 写真特集| マイタウン新潟|

大井監督「好機生かし4点は」 中軸打線の出来カギ

2006年04月01日

写真

「選手には甲子園で試合を楽しんでほしい」と話す大井監督

 準々決勝を前に、大井道夫監督に相手校の印象やチームの状態について聞いた。

 ――ベスト8です

 選手は練習が十分に出来ていないのに、よくやってくれている。大会前から「新潟は勝てない」と言われて、選手たちにも相当なプレッシャーがあったと思う。初戦に勝って気が楽になり、2回戦は良い動きをしていた。

 ――清峰の印象は

 九州大会の優勝校で、投打にレベルが高い。スタンドで東海大相模戦を見たが、有迫投手は変化球にキレがあり、打ち崩すのは難しい。打線も甘い球は見逃さず手ごわい。

 ――理想の試合展開は

 投手陣にふんばってもらって3点くらいに抑えたい。攻撃では、少ない好機を何とか点につなげ、4点を取りたい。

 ――選手の状態は

 けがをした主将の長谷川が出られるかが一番心配。北大津戦の間は相当痛かったと思うが「やりたい」とはっきり意思表示し、医者も認めてくれた。長谷川はチームの要だ。

 ――投手陣の調子は

 栗山は本調子ではないが、2回戦になっていくらか良くなってきている。横山は昨秋から投げ方自体もダイナミックに変わり、スライダーも使えるようになったことが大きい。責任を果たしてくれている。

 ――打者はどうか

 5番金丸が当たっている。清峰も左投手だから、(右打者が並ぶ)中軸打線が打たなければ勝てないだろう。

 ――チームの強さはどこにあるか

 練習では大したこと無いのに、試合になると違うので不思議。主将を中心に、よく声を掛け合い、励まし合っている。コーチやOBのサポートも大きい。


高校野球関連記事 一覧

選抜出場校
北海道 北海道栄 旭川実  
東北 秋田商 光星学院  
関東
東京
成田 高崎商 東海大
相模
横浜 早稲田実 東海大
菅生
東海 岐阜城北 愛知啓成  
北信越 高岡商 日本文理  
近畿 履正社 智弁
和歌山
PL学園
京都
外大西
神港学園 北大津
中国 関西 岡山東商 南陽工
四国 小松島 今治北  
九州 清峰 伊万里商 延岡学園
八重山
商工
   
21世紀 真岡工 金沢桜丘  
希望 一関学院    
マイタウン(地域情報)

リンク

日本高野連
日本学生野球協会
▲このページのトップに戻る

asahi.comトップ社会スポーツビジネス暮らし政治国際文化・芸能ENGLISHマイタウン

ニュースの詳細は朝日新聞紙面で。» インターネットで購読申し込み
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.