アサヒ・コム 高校野球 ここから検索メニュー
検索使い方
検索メニュー終わり

アサヒコムと高校野球のメインメニューをとばして、このページの本文エリアへ朝日新聞社からアスパラクラブクラブA&A携帯サービスWeb朝日新聞サイトマップ文字拡大・音声

天気住まい就職・転職BOOK健康愛車教育サイエンスデジタルトラベル囲碁将棋社説コラムショッピングbe
現在位置asahi.comトップ > 高校野球 > ニュース  > 今治北
ここから本文エリア

今治北

初出場

今治北トップ| ニュース| 写真特集| マイタウン愛媛|

また夏に来よう たたえる拍手鳴りやまず 今治北

2006年03月31日

写真

声を振り絞って応援する今治北の野球部員たち=阪神甲子園球場で

 敗れはしたものの、最後まで粘りを見せた今治北ナイン。試合後、スタンドの前に整列した選手たちに、生徒や保護者らからは温かい拍手が送られ、「ありがとう」「最高だったぞ」といった励ましの声がかけられた。

 試合開始の直後から、ブラスバンド部員の熱気あふれる演奏が始まった。同部は21日にあったアンサンブルの全国大会に四国代表として出場した強豪だが、甲子園での応援は初めて。常連校のレパートリーが載った楽譜を買って、25曲をマスターしてきた。顧問の竹内博昭教諭(42)は「甲子園という大舞台で部員も気持ち良さそうに演奏している」と満足そうな表情を浮かべた。

 試合は0―0のまま回を重ねた。スタンド前列に陣取った控え部員たちのメガホンを握る手にも力が入る。中でも、ひときわ大きな声を出していたのが野球部OBの大学4年生渡辺正弘さん(22)。01年の愛媛大会に4番捕手、主将として出場した。木村匠監督からの誘いで15日からチームに合流し、臨時コーチを務めた。この日は試合前の守備練習でノッカーの大役に起用された。「夢だった甲子園の土を踏ませてもらった。恩返しをするためにも誰よりも大きな声を出したい」

 秋田商に3点をリードされて迎えた9回表、今治北がようやく反撃。2死から1番の桧垣選手が同点打を放つと、スタンドは総立ちになった。桧垣選手の母厚子さん(47)は「あの子が打席に入った時は怖くて見ていられなかった。本当によく打ってくれた」と笑顔をはじけさせた。

 最後はあっという間の決着だった。秋田商の走者がサヨナラのホームを踏むと、スタンドは静まりかえった。しかし、すぐに選手をたたえる拍手に包まれた。選手がベンチに戻っても鳴りやまなかった。「楽しかったね」「また、夏に来ればいい」。スタンドにいる誰もが晴れ晴れとした顔をしていた。


高校野球関連記事 一覧

選抜出場校
北海道 北海道栄 旭川実  
東北 秋田商 光星学院  
関東
東京
成田 高崎商 東海大
相模
横浜 早稲田実 東海大
菅生
東海 岐阜城北 愛知啓成  
北信越 高岡商 日本文理  
近畿 履正社 智弁
和歌山
PL学園
京都
外大西
神港学園 北大津
中国 関西 岡山東商 南陽工
四国 小松島 今治北  
九州 清峰 伊万里商 延岡学園
八重山
商工
   
21世紀 真岡工 金沢桜丘  
希望 一関学院    
マイタウン(地域情報)

リンク

日本高野連
日本学生野球協会
▲このページのトップに戻る

asahi.comトップ社会スポーツビジネス暮らし政治国際文化・芸能ENGLISHマイタウン

ニュースの詳細は朝日新聞紙面で。» インターネットで購読申し込み
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.