アサヒ・コム 高校野球 ここから検索メニュー
検索使い方
検索メニュー終わり

アサヒコムと高校野球のメインメニューをとばして、このページの本文エリアへ朝日新聞社からアスパラクラブクラブA&A携帯サービスWeb朝日新聞サイトマップ文字拡大・音声

天気住まい就職・転職BOOK健康愛車教育サイエンスデジタルトラベル囲碁将棋社説コラムショッピングbe
現在位置asahi.comトップ > 高校野球 > ニュース  > 北大津
ここから本文エリア

北大津

初出場

北大津トップ| ニュース| 写真特集| マイタウン滋賀|

北大津、先制守りきれず 夏への誓い新た

2006年03月30日

写真

北大津―日本文理 3回表北大津1死一塁、走者土井は有吉の適時打で生還

 念願のベスト8進出はならず――。第78回選抜高校野球大会(日本高校野球連盟、毎日新聞社主催)第7日の29日、北大津は第4試合で日本文理(新潟)と対戦し、1回に先制して3回まではリードを保ったが、4回以降、相手打線につかまり、突き放された。午後8時18分、試合終了。選手たちは夏に甲子園に戻ってくることを誓い、球場をあとにした。

 ◎…「落ち着いて一つずつ取っていこう。おれたちならできる」。6回裏、1死満塁のピンチ。捕手の土井が、マウンドに集まった仲間に声をかけた。みんなの守備位置から捕手の顔は見える。自分が焦っては仲間に伝わってしまう。これまでになく浮足立っている自分に言い聞かせるような言葉だった。

 小学3年生で野球を始めた。兄のキャッチャーミットを持って練習に行くと「捕手」になった。その兄は京都外大西の野球部へ。自身も中学3年生になると野球が強いことで知られる有名校から誘いがあった。そのころ北大津へ見学に行った。宮崎監督から「お前は兄貴についていくのか」と言われ、決めつけられたようでカチンときた。「野球環境の整った強豪校へ行くよりも努力のしがいがありそうだし、この監督を見返してやろう」。北大津への進学を決めた。

 ◎…試合開始は午後6時7分。ナイターは初めてだ。土井は先発の真田から「光線でサインが見えにくい」と言われた。確かにサインと違う球が来る。旭川実戦と違い、高めに浮く球も目立った。

 2点リードの4回表、1死一塁で打席が回ってきた。思い切って振ったが三振。さらに守備妨害をとられてスリーアウトに。動揺したまま4回裏の守りに入った。連打と重盗で揺さぶられ、あっという間に3点を取られ、その後は反撃することができなかった。

 「甲子園で1勝しただけで監督を見返せたと思えない。夏にもう一度、ここに戻ってくる」。試合後にそう誓った。

 ◎…8回裏、右翼に入っていた竹下がマウンドに上がった。淡々と打ち取って三者凡退に。9回表で追いつき、追い越せば……。9回裏に再びマウンドに立てると期待をつないだ。

 竹下は、試合前日の練習で球を受けた捕手が「変化球の切れがすごい」と驚き、宮崎監督に報告しにいったほど好調だった。緩急をつけて投げる真田とは対極の右の速球派。昨夏の県大会ではエースだったが、制球の悪さで伸び悩んだ。「次の夏までにエースに戻る」と誓っていた。

 利き腕をまっすぐ伸ばすことができない。甲子園練習の日、レントゲンを撮ると、ひじの裏の骨が変形していた。普段は球を投げるときに痛みが走るが、甲子園のマウンドではまったく感じなかった。

 結局、9回裏はなく、マウンドに再び立つことはできなかった。だが、宮崎監督は「夏に向けて期待している。エース級に育ってほしい」と評価した。


高校野球関連記事 一覧

選抜出場校
北海道 北海道栄 旭川実  
東北 秋田商 光星学院  
関東
東京
成田 高崎商 東海大
相模
横浜 早稲田実 東海大
菅生
東海 岐阜城北 愛知啓成  
北信越 高岡商 日本文理  
近畿 履正社 智弁
和歌山
PL学園
京都
外大西
神港学園 北大津
中国 関西 岡山東商 南陽工
四国 小松島 今治北  
九州 清峰 伊万里商 延岡学園
八重山
商工
   
21世紀 真岡工 金沢桜丘  
希望 一関学院    
マイタウン(地域情報)

リンク

日本高野連
日本学生野球協会
▲このページのトップに戻る

asahi.comトップ社会スポーツビジネス暮らし政治国際文化・芸能ENGLISHマイタウン

ニュースの詳細は朝日新聞紙面で。» インターネットで購読申し込み
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.