アサヒ・コム ここから検索メニュー
検索使い方
検索メニュー終わり

アサヒコムと高校野球のメインメニューをとばして、このページの本文エリアへ朝日新聞社からアスパラクラブクラブA&A携帯サービスWeb朝日新聞サイトマップ文字拡大・音声

天気住まい就職・転職BOOK健康愛車教育サイエンスデジタルトラベル囲碁将棋社説コラムショッピングbe
現在位置asahi.comトップ > 高校野球 > ニュース  > 秋田商
ここから本文エリア

秋田商

2年ぶり5回目

秋田商トップ| ニュース| 写真特集| マイタウン秋田|

初戦突破へ意欲 28日第1試合、東海大菅生戦

2006年03月28日

 初戦を控えた秋田商の選手たちは27日、兵庫県西宮市内のグラウンドで実戦的な練習に汗を流した。練習後は甲子園で試合を観戦。甲子園の熱気を肌で感じながら、28日午前9時半開始の東海大菅生(東京)戦に備えていた。

 小野平監督の檄(げき)が飛ぶ中、選手たちは約2時間、打撃ゲージで快音を響かせ、エンドランなど試合を想定した実戦練習をした=写真。エースの佐藤洋投手は鳥井将捕手を相手に、変化球を交ぜて約50球投げ込んだ。佐藤投手は「調子は上がってきている。鳥井との息も合い、良い感じで試合に臨めそう」。

 続いて甲子園に移り、約1時間半、第2試合を思い思いの位置と視点から観戦。3外野手は右翼側スタンド中段から甲子園の形状を眺め、守備位置の相談をしていた。

 浅野友人中堅手は「左中間、右中間がほかの球場より広いと思う。相手打者がひと回りしたら3人で守備位置を調整します」と話した。

 石田尊三塁手はほかの内野手らと、プレー時と同じ目の高さで試合を見ようと三塁側スタンド前段で観戦した。「1番打者の自分が塁に出て、チームに勢いをつけたい。積極的に初球からいきます」

 小野監督は「右サイドスロー投手から集中打は期待できないので、試合中盤まで無駄な点を与えず、足を使って攻撃していきたい」と初戦突破に意欲をみせた。

 28日の試合には、同校生徒や保護者らが夜行列車やバスで駆けつけ、近畿地区の同校OBなどを含め計約500人がアルプススタンドで応援するという。


高校野球関連記事 一覧

選抜出場校
北海道 北海道栄 旭川実  
東北 秋田商 光星学院  
関東
東京
成田 高崎商 東海大
相模
横浜 早稲田実 東海大
菅生
東海 岐阜城北 愛知啓成  
北信越 高岡商 日本文理  
近畿 履正社 智弁
和歌山
PL学園
京都
外大西
神港学園 北大津
中国 関西 岡山東商 南陽工
四国 小松島 今治北  
九州 清峰 伊万里商 延岡学園
八重山
商工
   
21世紀 真岡工 金沢桜丘  
希望 一関学院    
マイタウン(地域情報)

リンク

日本高野連
日本学生野球協会
▲このページのトップに戻る

asahi.comトップ社会スポーツビジネス暮らし政治国際文化・芸能ENGLISHマイタウン

ニュースの詳細は朝日新聞紙面で。» インターネットで購読申し込み
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.