アサヒ・コム 高校野球 ここから検索メニュー
検索使い方
検索メニュー終わり

アサヒコムと高校野球のメインメニューをとばして、このページの本文エリアへ朝日新聞社からアスパラクラブクラブA&A携帯サービスWeb朝日新聞サイトマップ文字拡大・音声

天気住まい就職・転職BOOK健康愛車教育サイエンスデジタルトラベル囲碁将棋社説コラムショッピングbe
現在位置asahi.comトップ > 高校野球 > ニュース  > 成田
ここから本文エリア

成田

初出場

成田トップ| ニュース| 写真特集| マイタウン千葉|

成田快勝 唐川が10奪三振完封

2006年03月24日

写真

小松島―成田 6回裏成田、中前適時打を放つ斎藤

 第78回選抜高校野球大会が23日、兵庫県の阪神甲子園球場で開幕。成田は第2試合で小松島(徳島)と対戦、選抜初出場ながら、エース唐川選手の好投で相手打線に点を許さず甲子園での勝利を手にした。2回戦は神港学園(兵庫)と、6日目の28日正午から対戦予定。

 両者無失策の引き締まった投手戦は、後半に動いた。

 成田は6回、先頭の水津健太朗選手が右前安打で出塁。次打者の富沢佑貴選手が犠打で送った後、2死から4番荒木悠選手の左前安打で、水津選手が二塁から生還、先制点を上げた。続く斎藤智樹選手は、「狙っていた」という真ん中内角の直球を中前安打し、荒木選手も本塁を踏んで加点した。

 8回にも成田は、無死から死球で出塁した富沢選手が、連続安打などで生還し、追加点を得て試合を決定づけた。

 尾島治信監督が「調整は万全」と太鼓判を押していた唐川侑己投手は、持ち味の直球を生かした制球で小松島打線を5安打に抑え、10奪三振で完封した。

◇5番・斎藤 先輩の手紙が力

 「自分を支えてくれた人たちのため、守備も打撃も積極的に行く」。右翼手で5番の斎藤智樹選手は試合直前に断言した。

 4回小松島の攻撃。1死一塁で迎えた4番福島幸亮主将のファウルフライを、斎藤選手が前進して好捕した。その裏の2打席目。外角の直球を左前にはね返した。チームの信条通り、自分も守りからリズムを作って攻撃につなげた。6回には二塁走者を生還させる適時打、さらに8回にも安打を放つ3安打の活躍。

 9回、小松島の最終打者のフライを自らのグラブに収めると、ほっとした表情を見せ、笑顔がこぼれた。

 安打を放った後は、積極的な走塁でいずれも塁上でタッチアウトになったが、尾島監督は「そういう指示を出していた。前向きなプレーで問題ない」、水津健太朗主将も「6回、二塁に向かったのは良い判断」と振り返る。

 昨年夏までは左翼手。試合でミスすることを恐れていた。そんな斎藤選手の気持ちを変えたのは、昨夏の県大会前、同じ左翼手だった秋山恭平先輩からの手紙だった。

 「自分自身が1番の左翼手だと信じてプレーして欲しい」。秋山先輩は、控えの後輩に伝えた。以降、自信を持って、楽しんで試合をしたいと考えるようになった。

 尾島監督に自分から質問を投げかけて、フォームやタイミングの取り方などを磨いた。「4番荒木がマークされている中で、重要性が上がってきている」と尾島監督。

 「まず一勝できてうれしいが、まだ終わりでない。足を使ったプレーなどでもっと機動力のある試合をしたい」。これからの抱負を語った。


高校野球関連記事 一覧

選抜出場校
北海道 北海道栄 旭川実  
東北 秋田商 光星学院  
関東
東京
成田 高崎商 東海大
相模
横浜 早稲田実 東海大
菅生
東海 岐阜城北 愛知啓成  
北信越 高岡商 日本文理  
近畿 履正社 智弁
和歌山
PL学園
京都
外大西
神港学園 北大津
中国 関西 岡山東商 南陽工
四国 小松島 今治北  
九州 清峰 伊万里商 延岡学園
八重山
商工
   
21世紀 真岡工 金沢桜丘  
希望 一関学院    
マイタウン(地域情報)

リンク

日本高野連
日本学生野球協会
▲このページのトップに戻る

asahi.comトップ社会スポーツビジネス暮らし政治国際文化・芸能ENGLISHマイタウン

ニュースの詳細は朝日新聞紙面で。» インターネットで購読申し込み
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.