アサヒ・コム 高校野球 ここから検索メニュー
検索使い方
検索メニュー終わり

アサヒコムと高校野球のメインメニューをとばして、このページの本文エリアへ朝日新聞社からアスパラクラブクラブA&A携帯サービスWeb朝日新聞サイトマップ文字拡大・音声

天気住まい就職・転職BOOK健康愛車教育サイエンスデジタルトラベル囲碁将棋社説コラムショッピングbe
現在位置asahi.comトップ > 高校野球 > ニュース  > 八重山商工
ここから本文エリア

八重山商工

初出場

八重山商工トップ| ニュース| 写真特集| マイタウン沖縄|

小学校からの絆、信頼に〈八重山商工物語:中〉

2006年03月14日

写真

伊志嶺の部屋には少年野球監督時代からの写真や賞状が所狭しと並ぶ=沖縄県石垣市で

 八重山商工高の投手・金城長靖(17)は4年前の夏、米ペンシルベニア州にあるルーヘイズポニースタジアムのマウンドにいた。

 石垣島「八重山ポニーズ」のエースとして、中学硬式野球のポニーベースボール世界選手権大会に出場。前年優勝のプエルトリコ戦に先発した。

 規定で試合は7回で終了する。4点リードで迎えた6回表2死満塁。自信のある外角低めの直球を打たれた。打球は頭上を越えてバックスクリーンに消えていった。

 「けた違いの力で飛ばされた。あのコースを持っていくなんて日本ではあり得ない」

 この試合は延長で敗れたが、180センチを超える中学生相手に戦った経験が、金城を成長させた。米国代表の2チームを破り、世界3位になる。日本に戻ってからは、さらに自信をもって投球できるようになった。

 金城だけではない。選抜出場を決めた八重山商工の部員22人のうち11人が、「八重山ポニーズ」のメンバーとして米国遠征に参加していた。

 当時のポニーズ監督で、03年から八重山商工を率いる伊志嶺吉盛(52)は言う。

 「世界の舞台は誰もが味わえるものではない。あの雰囲気を肌で感じられたことは大きかった」

    ◇

 沖縄の離島勢として初の甲子園出場を決めた八重山商工の他校と違う点は、主力選手が小学生のときから高校まで、1人の監督のもとで野球を続けてきたことだ。

 選手の多くは、伊志嶺が率いていた少年野球「八島マリンズ」で、小学3年生から本格的に野球を始めた。「小学校の授業が終わると校庭で練習をして、日が暮れると監督の自宅に行って打撃練習を繰り返した」と金城は振り返る。

 庭に張られた防御ネットに何百球と打ち込んだ。小学生にとっては過酷な練習量だったが、それを卒業まで続けた。

 金城らが小学6年生の時にチームは初めて県大会を制し、少年野球の甲子園ともいわれる全日本軟式大会に出場。翌年はこの大会で優勝した。

 小学校で全国大会、中学校では世界3位。貴重な経験を積んだ島の選手たちは04年、こぞって八重山商工に進学する。

 野球部には前年から監督として招かれていた伊志嶺がいた。金城は「高校に監督がいることも理由の一つだったが、それよりも、小学校や中学校の仲間と一緒に野球をやりたいという思いの方が強かった」と進学先を選んだ理由を語った。

    ◇

 05年秋の九州地区高校野球大会。勝てばベスト4に入り、選抜出場が確実となる準々決勝の明豊(大分)戦で、小学校から続く選手同士の絆(きずな)の深さが生きた。

 2点を追いかける終盤8回、先発した金城が退き大嶺祐太(17)にマウンドを託した。ポニーリーグのときの米国遠征メンバーでもある大嶺は、右ひじのけがで3カ月余り投球できず、地道なリハビリを続けていた。「祐太(大嶺)の力なら絶対に抑えられる。マウンドに立たせてやりたかった」と捕手で主将の友利真二郎(17)。

 大嶺の登板でチームは勢いづく。9回に追いつくと、大嶺が相手打線を抑え、12回のサヨナラ勝ちを呼び込んだ。大嶺は言った。「ここまでこられた仲間の頑張りを無駄にしたくなかった」

 かつて島の高校は弱小だった。対外試合が少なく、能力のある選手は島の外で野球を続けた。大嶺は「甲子園を目標にしたかったが、入学したころは、島からは行けるはずがないと思っていた」と明かす。

 情熱あふれる監督に、小学生のころからの信頼関係で結ばれた選手たちが集い、夢を現実のものにした。


高校野球関連記事 一覧

選抜出場校
北海道 北海道栄 旭川実  
東北 秋田商 光星学院  
関東
東京
成田 高崎商 東海大
相模
横浜 早稲田実 東海大
菅生
東海 岐阜城北 愛知啓成  
北信越 高岡商 日本文理  
近畿 履正社 智弁
和歌山
PL学園
京都
外大西
神港学園 北大津
中国 関西 岡山東商 南陽工
四国 小松島 今治北  
九州 清峰 伊万里商 延岡学園
八重山
商工
   
21世紀 真岡工 金沢桜丘  
希望 一関学院    
マイタウン(地域情報)

リンク

日本高野連
日本学生野球協会
▲このページのトップに戻る

asahi.comトップ社会スポーツビジネス暮らし政治国際文化・芸能ENGLISHマイタウン

ニュースの詳細は朝日新聞紙面で。» インターネットで購読申し込み
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.