アサヒ・コム ここから検索メニュー
検索使い方
検索メニュー終わり

アサヒコムと高校野球のメインメニューをとばして、このページの本文エリアへ朝日新聞社からアスパラクラブクラブA&A携帯サービスWeb朝日新聞サイトマップ文字拡大・音声

天気住まい就職・転職BOOK健康愛車教育サイエンスデジタルトラベル囲碁将棋社説コラムショッピングbe
ここから本文エリア現在位置asahi.comトップ > 

高校決勝は駒大苫小牧―関西 野球・明治神宮大会

2005年11月15日

 野球の明治神宮大会第3日は14日、高校、大学の準決勝があり、高校の決勝は駒大苫小牧(北海道)―関西(中国・岡山)、大学は九産大(九州)―東北福祉大(北海道・東北)の顔合わせとなった。

 駒大苫小牧は1点を追う7回、4連続長短打で3点を奪い、逆転勝ち。関西も8回に2本塁打などで試合をひっくり返した。

 東北福祉大は1点を追う9回、押し出しの四球で同点とした後、井野(4年、前橋工)の左中間安打でサヨナラ勝ち。九産大は5回の1点を継投で守り切った。

    ◇

▽準決勝

法大(東京六)3―4東北福祉大(北海道・東北) 

愛知学院大(北陸・東海)0―1九産大(九州)       

関西(中国・岡山)4―2履正社(近畿・大阪)    

早稲田実(東京)3―5駒大苫小牧(北海道)

◇逆転の駒苫また見せた

 香田監督自ら「びっくり」と驚く駒大苫小牧の粘りだ。前日の高岡商(富山)との準々決勝に続き、この日も3点差をひっくり返した。

 6回、4番本間の左中間本塁打などで2点を返すと、7回には2死走者なしから4連打で3点を奪い、逆転。早稲田実の右腕斎藤の球威がやや落ちたところを見逃さず、7回に適時打を放った奥山、鷲谷は初球攻撃でたたみかけた。

 優勝した今夏の甲子園でも鳴門工(徳島)との準々決勝で5点差を逆転する粘りを見せた。「リードされても焦らなかった先輩たちを見てきて、自然と僕らもそうなった」と本間は胸を張る。夏の甲子園、国体、神宮大会を同一年に優勝すれば、史上初めてのこと。本間は「今年最後の試合だし、楽しみたい」。

◇中盤から一転、早実打線沈黙

 序盤は優勢だった早実だが、駒大苫小牧のエース田中が4回途中で登板すると、以降は打線が沈黙。4回から5回にかけて5者連続三振を奪われるなど、力のある直球を打ちあぐねた。それでも、チームに悲壮感はない。「選手は初めて見る球だったろう。現状では打てないが、冬、何をすればいいのか分かった」と和泉監督。負けたままで終わるつもりはない。


高校野球関連記事 一覧

選抜出場校
北海道 北海道栄 旭川実  
東北 秋田商 光星学院  
関東
東京
成田 高崎商 東海大
相模
横浜 早稲田実 東海大
菅生
東海 岐阜城北 愛知啓成  
北信越 高岡商 日本文理  
近畿 履正社 智弁
和歌山
PL学園
京都
外大西
神港学園 北大津
中国 関西 岡山東商 南陽工
四国 小松島 今治北  
九州 清峰 伊万里商 延岡学園
八重山
商工
   
21世紀 真岡工 金沢桜丘  
希望 一関学院    
マイタウン(地域情報)

リンク

日本高野連
日本学生野球協会
▲このページのトップに戻る

asahi.comトップ社会スポーツビジネス暮らし政治国際文化・芸能ENGLISHマイタウン

ニュースの詳細は朝日新聞紙面で。» インターネットで購読申し込み
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.