アサヒ・コム ここから検索メニュー
検索使い方
検索メニュー終わり

アサヒコムと高校野球のメインメニューをとばして、このページの本文エリアへasahi.comトップ社会スポーツビジネス暮らし政治国際文化・芸能ENGLISHマイタウン

ここから本文エリア現在位置asahi.comトップ > 

1年生の活躍目立つ 逆転劇ひ弱さ示す面も 大会顧みて

2005年08月21日

 2連覇を飾った駒大苫小牧に拍手を送りたい。野球のレベルが高くなった近年、桑田、清原の「KKコンビ」を擁したPL学園でさえ成し遂げられなかった快挙は見事というしかない。

 松橋、田中ら質の高い本格派投手と堅い守備、驚異的な粘りがチームの特色だった。昨夏を経験した林主将のリーダーシップ、「北の挑戦者」の意識改革でまとめ上げた香田監督の手腕のたまものだ。

 京都外大西は今夏で勇退する三原監督と選手の堅いきずなが、力以上のものを発揮させた。抑えの切り札・1年生の本田の台頭抜きには語れない。本田をはじめ中田(大阪桐蔭)、高橋(宇部商)、美濃(酒田南)ら好素材の1年生が目立ったのも特徴だ。

 敗れて強し、を印象づけたのが大阪桐蔭。剛腕・辻内、強打の平田と超高校級の軸がそろい、久しぶりにスケールの大きいチームの躍進だった。

 宇部商の左腕・好永は抜群の制球をみせた。4強は投手力をはじめ、打力、堅守が備わっていた。選手権大会を勝ち抜くには選抜以上の「総合力」が欠かせない。

 平田(大阪桐蔭)の1試合3本、船引(関西)の2打席連続の本塁打記録が生まれた。32本塁打は昨年並みだが、豪快な一打が多く、パワー野球の浸透がうかがえる。

 今大会、終盤にもつれる試合が相次いだ。国士舘、京都外大西、駒大苫小牧らが劇的な逆転劇を演じた。そうした粘りは称賛されるが、裏返せばリードを守れないひ弱さ。投手の肩、精神面のスタミナ不足である。

 失策は117個と横ばいで、相変わらず送球ミスが多い。また、宇部商の敗因でもあった挟殺プレーのミスが目立った。走者を追うスピードや球を離す、受ける呼吸を磨いて欲しい。

 初陣の清峰が愛工大名電、済美を連破した。左腕・古川のけれん味のない投球、相手戦術の研究が功を奏した。野球留学が幅をきかすなか、地元の選手だけでもやれることを示した。

 開幕直前、明徳義塾が不祥事で出場辞退。この難局を高知が懸命なプレーで救った。各校の指導者は部のあり方を再点検するとともに、高野連との連絡をより密にして欲しい。(井上明)


高校野球関連記事 一覧

[Flash]きょうのホームラン別ウインドウで開きます

大会第32

[ダウンロード]速報PDF号外

pdf

決勝は駒大苫小牧―京都外大西

各代表校のページ

▲このページのトップに戻る

asahi.comトップ

ニュースの詳細は朝日新聞紙面で。» インターネットで購読申し込み
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.