アサヒ・コム ここから検索メニュー
検索使い方
検索メニュー終わり

アサヒコムと高校野球のメインメニューをとばして、このページの本文エリアへasahi.comトップ社会スポーツビジネス暮らし政治国際文化・芸能ENGLISHマイタウン

ここから本文エリア現在位置asahi.comトップ > 

「おまえは天才」支え続けた マネジャーの矢内君

2005年08月21日

 マウンド上の歓喜の輪が解けた。57年ぶりの連覇を果たした選手たちがベンチに向かって駆けるなか、林と抱き合った。背中をたたいて「よかったなあ」と言う自分の声も涙声だった。

入部したときからずっと一緒だった。元は同じ内野手。1年生春から練習試合で打ちまくる同級生には「すごすぎる」と感動さえした。同じ冬に右ひじを手術して、マネジャーに転身してからも、遠征に行くバスでは必ず隣に座った。

林も一目置いてくれた。昨夏の選手権準々決勝の試合前、トスバッティングのとき「悪いところを指摘して」と言われた。「ヘッドが下がり気味だな」。林は直後の試合でサイクル安打を達成した。

今春の選抜2回戦で敗れた後、林はピタリと打てなくなった。深紅の大優勝旗を全員で返しに行くとの重圧からだった。

「いい当たりだったな」「おまえは天才だよ」。いいところを見つけてはおだてた。一方で、道具の整備で遅くまで残っていると、照明が消えて真っ暗な中、一人でバットを振る林の姿を見た。「人一倍悩んで、でも人一倍がんばって重圧に耐えていた」

試合後、宿舎に戻るバスには深紅の大優勝旗が積まれていた。隣の席にはいつものように林。「お疲れ様」と声をかけた。「ありがとう。日本一のマネジャーにしてくれて」という意味も込めて。


高校野球関連記事 一覧

[Flash]きょうのホームラン別ウインドウで開きます

大会第32

[ダウンロード]速報PDF号外

pdf

決勝は駒大苫小牧―京都外大西

各代表校のページ

▲このページのトップに戻る

asahi.comトップ

ニュースの詳細は朝日新聞紙面で。» インターネットで購読申し込み
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.