アサヒ・コム ここから検索メニュー
検索使い方
検索メニュー終わり

アサヒコムと高校野球のメインメニューをとばして、このページの本文エリアへasahi.comトップ社会スポーツビジネス暮らし政治国際文化・芸能ENGLISHマイタウン

ここから本文エリア現在位置asahi.comトップ > 

一時は同点打、「いけると思ったが」

2005年08月21日

 京都外大西の5番五十川が7回、一時は同点に追い付く右翼線二塁打を放った。「内角スライダー。体が自然に反応して引っ張れた。いけると思ったんですが……。監督にウイニングボールを渡したかった」と涙をぬぐった。

6回も先頭打者として右中間二塁打。それまでの2打席は、タイミングを外されて凡退したため、「早めに構えて球をしっかり引きつけて打った」という。準決勝では無安打だったが、右腕攻略の左打者として7番から打順を上げた三原監督の期待にこたえた。

駒大苫小牧には「粘り強く試合運びのうまいチーム。連覇はすごい」と称えながらも、「後輩にはぜひ優勝してほしい」と言葉に力を込めた。


高校野球関連記事 一覧

[Flash]きょうのホームラン別ウインドウで開きます

大会第32

[ダウンロード]速報PDF号外

pdf

決勝は駒大苫小牧―京都外大西

各代表校のページ

▲このページのトップに戻る

asahi.comトップ

ニュースの詳細は朝日新聞紙面で。» インターネットで購読申し込み
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.