アサヒ・コム ここから検索メニュー
検索使い方
検索メニュー終わり

アサヒコムと高校野球のメインメニューをとばして、このページの本文エリアへasahi.comトップ社会スポーツビジネス暮らし政治国際文化・芸能ENGLISHマイタウン

ここから本文エリア現在位置asahi.comトップ > 

救援6試合本田に疲れ 強がっても走らぬ球

2005年08月21日

 いつもより遅い、2人の交代劇だった。

1点リードされた直後の5回、2死二塁。京都外大西の2年生右腕・北岡が林を敬遠で歩かせたところで、本田はマウンドへ向かう。

今大会、自身最長となる4回3分の2を投げた北岡は笑顔で後輩の肩をたたく。「コースを突けば抑えられる」。1年生右腕は心の中でうなずいた。「守りでリズムを作った先輩に続く」。バント処理で再三の好守備を見せ、投球回を減らしてくれた北岡に、意気を感じないわけがない。

だが、前日に120球を投げた疲れは抜けていない。代わりばなの5回はしのいだが、6回に1失点。味方が追いついてくれた直後の7回につかまった。

 四球とバント内野安打などで1死二、三塁のピンチ。「疲れはなかった」と強がった本田。だがベンチから見た北岡は「疲れから球が走っていない」。

1学年下のライバルの調子は直球を見れば分かるというわけだ。

その球威の落ちた高め直球を合わせられ、二塁へのゴロで決勝点を失う。なお2死一、三塁で詰まらせた当たりが遊撃への内野安打となり、この回 、2失点。試合の流れを失った。

今大会は北岡―本田の継投を確立し、初めて決勝まで勝ち上がってきた。だが、最後の最後で実らず、「打たれた自分が悪い」と本田。北岡は「これまで僕が早々と崩れたのが、本田に響いた」。試合後、6試合すべてに救援し、34回3分の2を投げた後輩の肩をたたいた。


高校野球関連記事 一覧

[Flash]きょうのホームラン別ウインドウで開きます

大会第32

[ダウンロード]速報PDF号外

pdf

決勝は駒大苫小牧―京都外大西

各代表校のページ

▲このページのトップに戻る

asahi.comトップ

ニュースの詳細は朝日新聞紙面で。» インターネットで購読申し込み
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.