アサヒ・コム ここから検索メニュー
検索使い方
検索メニュー終わり

アサヒコムと高校野球のメインメニューをとばして、このページの本文エリアへasahi.comトップ社会スポーツビジネス暮らし政治国際文化・芸能ENGLISHマイタウン

ここから本文エリア現在位置asahi.comトップ > 

明徳義塾に代わり高知が代表校に決定 全国高校野球

2005年08月05日

 明徳義塾(高知)が不祥事を理由に、6日開幕する第87回全国高校野球選手権大会(朝日新聞社、日本高校野球連盟主催)への出場を辞退したのを受けて、日本高野連は4日、大会規定にもとづいて同校の高知大会優勝を取り消し、準優勝校の高知を代表校とすることを正式に決めた。明徳義塾への処分は今後、日本学生野球協会審査室で検討する。同校の馬淵史郎監督と宮岡清治部長は同日、辞任の意向を示した。

 高知は24年ぶり10回目の出場。高知大会決勝では延長12回、2―3で明徳義塾に敗れた。甲子園では、3日の組み合わせ抽選で明徳義塾が引いた大会5日目の日大三(西東京)との対戦となる。

 開会式前日の5日夕方に宿舎入りの予定で、6日の開会式にリハーサルなしで臨む。甲子園練習は同日の第3試合終了後の30分間で、異例の開幕後となる。

 4日午後に会見した日本高野連によると、明徳義塾への処分は、同連盟の意見をもとに、日本学生野球協会審査室が決める。同連盟はこれまでの例などをふまえて、同校を一定期間の対外試合の禁止、監督、部長を一定期間の謹慎にするよう上申する方針だ。

 脇村春夫会長は「学校側が事態を厳粛に受け止めてくれたので、従来と同じ枠組みの対処になる」と話した。

 続けて会見に臨んだ馬淵監督は「反省している。報告しておけばこんな問題にならなかった」と話し、「責任ある立場の者は、潔く責任を取るべきだ」と語った。宮岡部長も「考えが甘かった。責任を取って辞任する」と話した。


高校野球関連記事 一覧

[Flash]きょうのホームラン別ウインドウで開きます

大会第32

[ダウンロード]速報PDF号外

pdf

決勝は駒大苫小牧―京都外大西

各代表校のページ

▲このページのトップに戻る

asahi.comトップ 天気

ニュースの詳細は朝日新聞紙面で。» インターネットで購読申し込み
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.